【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県とJTが包括連携協定

本紙掲載日:2020-10-27
3面
協定書を手にするJTの山下専務(左)と永山副知事

農業支援や環境美化など協力

 県はこのほど、日本たばこ産業(JT、寺畠正道社長)と包括連携協定を結んだ。JTグループと自治体との協定締結は全国初で、これまで個別に取り組んできた環境美化や喫煙対策だけでなく、幅広い分野の社会課題解決に向け力を合わせる。

 協定内容は農業支援、環境・美化、スポーツ・文化、青少年育成など7項目を柱に策定。葉たばこ栽培を中心としたロボット化やAI(人工知能)活用を見据えた農業分野のリーダー育成、社員参加の清掃活動、同社が持つ豊富な地球環境問題対策のデータ・ノウハウの提供などを通した連携を見込む。

 JTスポンサーのVリーグ(バレーボール)選手を招いたイベント、災害復興人材の派遣、グループのネットワークを生かした県産品の販促支援など、ほかにも多岐にわたる事業を想定しているという。

 県庁での協定締結式に臨んだ永山寛理副知事は新型コロナ復興応援寄付金やみやざき国文祭・芸文祭のPR、県産品支援など、JTのこれまでの支援に感謝し、「本県の地域振興にとって実り多き協定になれば」と期待を込めた。

 JTの山下和人専務は県内の葉たばこ栽培の歴史が17世紀からと古く、1990年代から2000年代半ばにかけての生産量は全国一、19年度も6位と縁が深いことを挙げ、「初のモデルとしてぜひ成功させ、全国に広げていきたい」と力を込めた。

その他の記事/過去の記事
page-top