【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「強い意志を持って」

本紙掲載日:2020-11-23
8面
高校生に話をする榎本雄介理事長

大貫診療所・榎本さんがエール

◆医師志す延岡高MS科生へ

 医師を志す延岡高校メディカル・サイエンス(MS)科の3年生がこのほど、延岡市大貫町の医療法人「あつきこころ」大貫診療所(榎本雄介理事長・院長)を訪れ、医師の心構えや医療に対する情熱、地域と関わることの大切さなどについて耳を傾けた。

 訪れたのは、医学部進学を目指す生徒7人。宮崎市出身の榎本理事長は、妻が延岡市出身だった縁で2009年6月に開業。地域医療を支える一方で、まつりのべおか実行委員長や大相撲延岡場所の実行委員長を務めるなど、地域活動にも積極的に取り組んでいる。

 榎本理事長は、中学時代に生徒会選挙に立候補せずに後悔した経験から、積極的に生きようと心に決めた経緯を紹介。「やらずに後悔するより、やって後悔する。迷ったら積極的な方法を」と呼び掛け、医師を目指したきっかけや医学部時代の地域との関わりを話した。

 医師の仕事については、「患者を幸せにすること。亡くなったとしても『いい人生だった』と思えるようにしたい」と患者の意志を尊重した医療の実践を、事例を交えて解説。患者にとって何が最良かを考える大切さ、そのための地域活動の必要性を挙げた。

 最後に、医師になるためには「何としても医師になる強い意志を持つこと」と励まし、「体力と気力、何より大切なのは情熱と患者や地域への愛情」と強調。「将来を見据えつつも、今できることに全力を尽くしてほしい」とエールを送った。

 上野瞬さん(18)は「思いを行動に変える意識を大切にしたい。将来は外科医になりたい。今できることは勉強なので全力で頑張りたい」。榎本理事長は「みんな熱心でしっかりしており、若さとエネルギーと情熱を感じる。将来は医師になって延岡、宮崎の医療を担ってほしい」と話していた。


大貫診療所を訪れた延岡高校メディカル・サイエンス科の3年生
その他の記事/過去の記事
page-top