【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

宮崎で働く魅力伝える

本紙掲載日:2021-10-26
8面
延岡高校で開かれた「ひむか人財育成セミナー」

高校生対象にひむか人財育成セミナー

 県内で暮らし、働くことの魅力や課題を考える「ひむか人財育成セミナー」が9日、県立延岡高校であり、生徒は臨席やオンラインで参加して先輩社会人の話を聞いた。

 セミナーは宮崎の良さを県内の高校生に伝えることを目的に、県と県教委、県商工会議所連合会、宮崎商工会議所、宮崎大学が2018年度に創設。教員志望者が対象の「教師みらいコース」と、職種を限定しない「ふるさと宮崎創成コース」があり、県内31校から計1300人が受講登録している。

 この日は、年4回開いている創成コースの今年度計画で唯一の延岡会場となり、延岡高校から13人、延岡星雲高校から20人が出席。両校の他生徒や宮崎市の宮崎南、宮崎大宮、宮崎工業高校からもオンラインで受講した。

 3人が講師となり、このうち延岡市地域・離島・交通政策課の三浦久知さんは、県庁マンから市職員に転職した自身の経歴とともに、そのきっかけになった離島・島野浦での取り組みを紹介。「仕事とはどれだけ大きな存在に、どれだけ勢いよく、どれだけの変化を引き起こすか」などと訴え掛けた。

 続いて、五ケ瀬町で有機栽培茶の生産から販売までを手掛けている宮茶房社長の宮亮さんが、「五ケ瀬を楽しむ。お茶で楽しむ」をテーマに講話。宮崎市を拠点に就職・転職を支援するインタークロス社長の小川智矢さんが「自分の○○を好きになる」と題して、将来へのアドバイスを送った。

 宮崎大学地域資源創成学部の延岡出身学生が進行役を務め、同学部の根岸裕孝教授が間に入って生徒と講師が質疑応答。受講した中武美早綺さん(延岡高3年)は「オンラインより、生で話を聞いてみたいと思い出席しました。三浦さんの話を聞いて、人とのつながりが大事なんだと感じました」と振り返った。

その他の記事/過去の記事
page-top