【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

新型コロナ−23日22人、24日12人

本紙掲載日:2021-01-25
3面

延岡市、2日間で10人

 県内では23日に22人(県1694〜1715例目)、24日に12人(県1716〜1727例目)が新型コロナウイルスに感染した。県と宮崎市が両日、発表した。県北では23日が延岡市3人、日向市1人、24日が延岡市7人の感染を確認した。このうち、延岡市の8人は10歳未満から60代までの家族だった。


◆延岡市2人、日向市1人−カラオケ店関連の接触者

 1708例目の日向市30代女性、1709例目の延岡市の70代男性、1713例目の同市70代男性の3人は、クラスターが発生したカラオケ店に関連する感染者と接触歴があった。


◆延岡市家族8人が陽性

 1715例目の延岡市40代女性は医療機関を受診し感染が判明。この女性の濃厚接触者は家族9人で24日までに7人の陽性が分かった。

 7人は、1719例目の40代男性、1720例目、1721例目と1722例目の10代男性3人、1723例目の10歳未満男性、1724例目の10歳未満女性、1725例目の60代女性。


◆宮崎市23日12人、24日3人

 県北以外では、23日発表分が宮崎市12人(県1694〜1705例目)、川南町4人、都城市、新富町各1人。24日発表分が宮崎市3人(県1716〜1718例目)、都城市と国富町各1人ずつ。

 県によると、22日は行政検査162件を行い陽性が22人。うち9人が医療機関を受診して陽性と分かった。川南町の4人は家族という。

 23日は行政検査269件を行い陽性12人。うち4人が医療機関による検査で陽性と分かった。

 24日の県発表分の9人はいずれも過去の感染者と接触歴があった。

 宮崎市によると23日発表分は、12人のうち6人が感染経路を調査中。2人は福岡県からの来訪者と接触歴があり、4人は家族や同僚など感染者と接触があった。24日発表分は2人が調査中で1人は家族間での感染という。


◆重症者が最多の9人−そのうち1人が回復

 23日時点の県内の入院は97人で、うち重症者は8人。22日時点で重症者は過去最高の9人となったが、1人が回復するなどした。県北では、日向入郷圏域の指定医療機関に1人、延岡西臼杵圏域の指定医療機関に4人、協力医療機関に12人が入院している。宿泊・施設等療養が81人で自宅療養中が113人。入院・療養調整中が16人になっている。


◆感染者1人が死亡−25日、10人未満

 県は25日、新型コロナウイルスの感染者1人が亡くなり、新たに確認された感染者が10人未満になるとの見通しを発表した。感染者数は宮崎市発表分を含む前日検査分の速報値で、確定値は午後に公表される。


◆延岡駅の社員が感染−定例消毒に加えて再度消毒

 JR九州は23日、延岡駅(延岡市幸町)に勤務する30代女性社員の新型コロナウイルス感染が判明したと発表した。同日現在、喉の痛みがあり、宿泊施設に療養している。列車の運行に影響はないという。

 広報部によると、女性社員は別の陽性者との接触があったことから、21日に関係保健所から濃厚接触者と認定され、同日にPCR検査を受けた結果、翌22日に陽性と確認された。女性職員は、主に延岡駅で販売業務や改札業務に従事し、通勤や業務中はマスクを着用しているという。

 同駅は毎日、執務場所や改札口、みどりの窓口、自動券売機などの消毒を実施しているが、22日は再度、同箇所の消毒を実施。「引き続き管理者による社員の体調管理、把握を徹底していきたい」としている。

その他の記事/過去の記事
page-top