【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

初大師−護摩木たいて息災祈願

本紙掲載日:2021-01-23
8面
護摩祈願法要などが営まれた今山大師の初大師(21日、今山大師)

今山大師−新型コロナ終息も

 弘法大師(空海)の今年最初の縁日となる「初大師」が21日、全国各地の真言宗各寺院で行われ、一年の加護を願い、所願成就や新型コロナウイルスの早期終息などを祈った。

 このうち、延岡市山下町の今山大師(野中玄雄住職)では、新型コロナ感染拡大防止のため規模を縮小、参拝者を限定して実施した。初護摩祈願では、全員で般若心経を読経。野中健雄副住職が護摩木に書かれた所願などを読み上げ、野中住職が燃え盛る炎へ札を投げ入れた。参拝者は護摩檀に上がり、立ち上る煙を体に浴びせ、健康長寿や家内安全、新型コロナの早期終息などを願った。

 また、健雄副住職が大般若経の転読を行いながら、経典や錫杖(しゃくじょう)で参拝者の肩などに触れて加護を祈った。

 野中住職は「今年のえとは辛丑(かのとうし)。『辛』には宝石という意味があり、『丑』は紐(ひも)の文字にも通じ絡まっているものがほどけるという意味がある。つらく苦しいことがほどけて光輝く年、災い転じて福となるよう祈願しました。絶対に諦めない心を持って、今年一年を過ごしてほしい」と呼び掛けた。

その他の記事/過去の記事
page-top