【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

わが社のホープ−日向・細島地区立地企業(9)

本紙掲載日:2021-01-14
8面
中村仁子さん

あくがれ蒸留所・中村仁子さん(37)

◆IT化で業務改善・地域密着の焼酎蔵めざす

−−志望動機と、現在の仕事内容を教えてください。

「昨年7月に入ったばかりです。それまでは東京のIT系の会社で働いていたのですが、心の中には常にふるさとがあり、チャンスがあれば、これまで得た知識や経験を生かせるような仕事ができたらいいなと思っていました。そんなときに知人を通して紹介していただいたのが今の会社です。
仕事は経理と出荷対応を中心に、ITツールを活用した業務改善にも携わっています。最近ではスマートフォンアプリを使った商品在庫管理を導入しました。写真好きを生かし、ホームページに掲載する商品などの撮影も担当しているんですよ」

−−どんなところにやりがいを感じますか。

「周りから『仕事がやりやすくなった』など言われると、入って良かったとつくづく思います。
ネットで注文してくださる方が、贈答用に買ってくださるのもうれしいです。よほど気に入ったものじゃないと人には勧めないと思いますので、本当にありがたいです。そうした方が一人でも増えるよう、今後ともファンづくりに努めたいです」

−−会社のいいところは何ですか。

「9人が働いており、和気あいあいとした職場です。うち正社員4人は皆30歳代。会議ではいろんなアイデアをざっくばらんに出し合い、より良い商品づくりに励んでいます。基本的に土・日曜、祝日は休みで、残業もありません。蔵のすぐそばを耳川が流れ、豊かな自然に囲まれているのも自慢です」

−−将来の目標を教えてください。

「より働きやすい会社にすることです。そのためにまず、在庫や発注などの管理を完全IT化して従業員の負担を減らしたり、コストを削減することが当面の目標です。将来は経営戦略などにも関わっていきたいです。利益を上げて地域に貢献できる会社となるよう頑張ります」

−−あくがれ蒸留所で働きたいと思う方へメッセージをお願いします。

「代表銘柄の『日向あくがれ』は、蔵がある東郷町で生まれた歌人、若山牧水の歌の一節から名付けられた焼酎です。『地域の農業の中に蔵がある』をモットーに、地域に密着した蔵を目指しています。私たちとともに焼酎づくりを通し、地域を盛り上げていきませんか」

【プロフィル】日向高卒。週末は焼酎を飲みながらリラックスするのが至福の時という。趣味は釣り。日向市在住。

その他の記事/過去の記事
page-top