【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ミカン狩り始まる

本紙掲載日:2020-10-30
7面
今季最初のミカン狩りを楽しむ園児たち(21日)
色づき、たわわに実ったミカン

マリちゃん農園、遠足に人気−延岡

 延岡市北方町上崎のマリちゃん農園(甲斐佐一郎代表)で21日から、ミカン狩りが始まった。初日は愛宕町のあたご幼保園(和田耕一園長)の年長児23人が訪れて、おいしいミカンと山里の景色を楽しんだ。

 同農園では5年前からミカン狩りを実施しており、同市内はもとより日向市や高千穂町の幼稚園、保育園の子どもたちが遠足を兼ねて訪れる人気のスポット。

 農園で園児たちが声を合わせてあいさつすると、甲斐さん(81)が「おじいさんが作ったミカンです。ミカン狩りは皆さんが第1号です。おじいさんの説明をよく聞いて楽しんでください」と話し、はさみの使い方に注意するよう呼び掛けた。

 子どもたちはさっそく広い果樹園に駆け出し、色づいたミカンをチェック。おいしそうなミカンを探し出してははさみで摘み取って籠に収穫。さっそく皮をむいて頬張っていた。

 果樹の間から「甘くておいしい」「これがおいしそう」と楽しそうな声が聞こえたほか、谷間に向かって「ヤッホー」と叫ぶ子たちもいて、果樹園はにぎやかなムードに包まれた。

 甲斐さんの妻満理江さん(78)も、「今年も上々のミカンが実りました。子どもたちが来てくれて、元気な声が響くと、地域にも元気をもらえるのでありがたいですね」と話し笑顔を見せていた。

 甲斐さんの果樹園には約2千本のミカンの果樹が栽培されており、極わせから普通わせ、中手、奥手の順番に、13品種のミカンが黄色い果実を実らせる。ミカン狩りは11月中旬まで楽しめるという。

その他の記事/過去の記事
page-top