【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

消防団の捜索終了−「断腸の思い」と村長

本紙掲載日:2020-09-26
3面
重機を使って土砂を取り除くなど懸命な捜索が行われた(25日、椎葉村の十根川)
土砂崩れ現場の対岸には花が供えられていた(25日、椎葉村下福良)

椎葉村土砂崩れ

◆いまだ3人が行方不明

 台風10号の大雨による土砂崩れで建設会社「相生組」(相生秀樹社長)の家族ら3人が行方不明となっている椎葉村では25日、村消防団や日向地区建設業協会青年部、地元建設業者らが十根川や下流の耳川流域で懸命な捜索を行った。災害発生から19日間にわたって続けられてきた消防団による捜索はこの日で終了、村の災害対策本部も解散した。

 25日は、村消防団14人が朝からボートに乗って耳川を捜したり、現場の約8キロ下流でチェーンソーを使いながらやぶの中に入って捜索した。

 また、建設業協会青年部や相生組の社員らは現場前を流れる十根川を重点的に捜索。重機を使って土砂を取り除いたり、ドローンを使って捜したが、午後5時までに有力な手掛かりを得ることはできなかった。

 いまだ3人の行方が分からない中で捜索を終了することについて、椎葉晃充村長は同日、「現状の活動の継続については非常に困難と判断し、断腸の思いでいったん終了をさせていただきたい」と話し、相生社長らとも協議をした上での決断であることを明かした。

 また、25日までに県警や大阪府警、消防庁など延べ計2千人以上が捜索活動に従事したことに触れ、「危険も顧みずに協力いただいたことに心から感謝したい」と述べた。

 一方、建設業協会青年部は27日まで捜索を続ける。坂本浩一さん(41)は「掘削途中の現場があり、最後までやり切る。消防団分の人員は減るが、捜索能力が低下しないよう対応したい」と話した。

 相生組の男性社員(47)は、「3人を発見するまで捜索を続ける。今後捜索する場所のめぼしも付けたので、重機を入れて作業を行う。何としても見つけ出したい」と話した。

 村によると、今後水位が下がり、ダム湖に透明度が戻ってきた段階で関係団体に協力を仰ぎ、短期的なローラー作戦を行う予定。災害対策本部は解散したが、3人の捜索に関する情報連絡窓口を総務課に設置するという。

 6日に発生した土砂崩れでは、相生社長(70)の妻相生勝子さん(68)と息子で専務の泰孝さん(39)、ベトナム人技能実習生のグエン・ヒュー・トアンさん(22)、チャン・コン・ロンさん(23)の4人が行方不明となった。17日にはトアンさんが遺体で発見された。

その他の記事/過去の記事
page-top