【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

独自の給付金事業執行残の使い道は

本紙掲載日:2020-09-22
3面

延岡市、活用を検討

 新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業者支援のため、延岡市が始めた独自の給付金事業が市議会一般質問で議題になった。平田信広議員(共産党)は予算の執行状況に残がある点を指摘し、今後の使い道を質問。市は事業を継続するとともに、残が生じても必要な対策への活用などを検討する考えを示した。

 事業は、同感染症の影響で売り上げが急減したにもかかわらず、国の持続化給付金の対象(売り上げ減少率50%以上)にならない市内事業所のうち、今年1月から12月までのひと月の減少率が前年同月比で25%以上50%未満の事業所に最大30万円を支給し、支援する。

 国の持続化給付金の対象になった事業者からの返還などで、予算の執行状況に残があるとの平田議員の指摘に対し、熊谷俊一商工観光部長は、予算計上時の見込みに比べ、国の給付金対象者が想定を大きく上回った一方で、市の給付金の支給件数の減少につながったとの見解を説明。

 市の給付金事業については、事業者の売り上げ減少の対象期間が12月まで、申請期間が来年2月末までと事業が継続していることから、熊谷部長は「引き続き制度の周知を図り、事業者の支援に努めたい」と述べた。

 また、平田議員は、熊谷部長が執行残額について約3億円を見込むとの答弁を受け、「執行残として基金に戻すのか、今の事業に上乗せするのか、国の持続化給付を受けた人にも支給するのか、新たな施策に使うのか」と今後の考え方を質問。

 読谷山市長は、給付金事業に関して「どちらの申請を行うか検討中の事業所からまだ申請が出る可能性があり、もう少し様子をみる必要がある」。また、執行残が出た場合については、財源確保や感染症対策などいくつかの考えを示し、「各種対策への活用など、さまざまな検討をしていく必要がある」と答弁した。

その他の記事/過去の記事
page-top