【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

新様式で通常営業再開

本紙掲載日:2020-09-21
8面
新様式で通常営業を再開した一木一草。メイン料理はスタッフが配膳する形式に
サラダなどはカップに入れて提供
入店前の検温に協力する来店客

レストラン「一木一草」エンシティホテル延岡

◆常連客など食事楽しむ

 新型コロナウイルス感染症の影響で営業を縮小していた延岡市紺屋町のエンシティホテル延岡(田川勝美社長)のレストラン「食彩健美一木一草」は17日から、新様式での営業を全面再開した。

◇店長「うれしいお客さまの笑顔」

 レストランは新型コロナ感染拡大防止のため、4月からディナータイムの営業を休止していたが、料理の提供方法の一部変更、十分な感染防止対策を練るなどして従来通りの営業再開にこぎ着けた。

 迎えた初日のランチタイムは常連客などでほぼ満席となり、入店前の検温、マスクやビニール手袋の着用、ソーシャルディスタンス(社会的距離)の確保などに協力しながら食事を楽しんだ。

 家族3人で訪れていた門川町の児玉恭子さんは「今までより面倒に感じる人もいると思うが、このくらい対策を徹底している方が安心できるのでいいと思う。前菜やサラダは彩り豊かで丁寧に個別に分けられていてホテルのクオリティーを感じた。また来たい」と喜んでいた。

 この日はレストランオープン2周年の節目。田川社長は「一木一草はホテルの象徴。2周年の日に再開でき、たくさんの方に来店いただいたのでありがたい。今後も新様式の中に楽しい演出を取り入れながらバージョンアップしていきたい」。大脇政人店長は「笑顔で食事するお客さまの姿が何よりもうれしい。ここから元気を発信していきたい」と話していた。

◇30日まで復活祭と2周年感謝祭

 レストランは30日まで、復活祭と2周年感謝祭を同時開催している。期間中、ランチタイムに「松茸(まつたけ)入り茶碗蒸し」、ディナータイムは「200グラムステーキ」を1人1皿サービス(いずれも小学生以下除く)する。

 営業時間はランチ(90分制)が午前11時30分から午後2時30分(ラストオーダー午後2時)。ディナー(前日午後3時までの予約制)が午後6時〜同9時30分(ラストオーダー午後9時)。

 予約、問い合わせはレストラン(電話延岡32・6346)。

その他の記事/過去の記事
page-top