【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

学校経営危機管理意識高める

本紙掲載日:2020-08-07
8面
法令順守や連絡の大切さを再確認した延岡市小中学校校長会の研修会

小中学校長会・坂田教授(日本女子大)招き研修−延岡

 学校経営を行う上での危機管理意識を高めてもらおうと、延岡市小中学校校長会はこのほど、市社会教育センターで合同研修会を開いた。市内小中学校の校長ら約50人が出席。学校教育に関する裁判例を通し、法令やガイドラインの順守、報告、連絡、相談の大切さを確認した。

 講師は日本教育行政学会常任理事、日本スクールコンプライアンス学会会長で日本女子大学の坂田仰教授。「裁判例を通して考える学校の危機管理〜学校経営と校長のリーガルマインド〜」をテーマに話した。

 近年の学校教育に関する訴訟にについて、坂田教授は「保護者は法令やガイドラインを根拠に苦情を申し立てる傾向が強く、司法は法令に加えて、ガイドラインを重視する傾向にある。守っていないと敗訴する可能性が高い」と説明。

 訴訟の事例などを示しながら、「法を順守することで自分を守る方法があるにも関わらず、教員は法律やガイドラインを軽視しすぎている。子どもと向き合うのは当然だが、向き合う前提の制度や法の内容を押さえた上で向き合うべき」などと指摘した。

 このほか、体育の授業中の小学生のけがを巡って学校側が敗訴した判例を紹介した上で、教員から管理職など内部の報告や保護者への連絡が欠けていた点などを挙げ、こまめに「ホウレンソウ」(報告、連絡、相談)を行うことの重要性についても強調した。

 最後に出席者が複数の班に分かれ、坂田教授が用意したいじめ問題に関する演習事例にどう対応するかを活発に意見交換した。

その他の記事/過去の記事
page-top