【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

全国を引っ張っている安賀多橋

本紙掲載日:2020-07-01
3面
全国の実施状況を記した地図を手にする湯浅さん

橋の日を提唱した湯浅利彦さん

 「発祥の地の安賀多橋がトップとしてしっかり引っ張ってくれている。これからも大丈夫です」と話すのは、「橋の日」の提唱者で延岡市出身の湯浅利彦さん(78)=宮崎市在住=。今年の8月(は)4日(し)には沖縄県宮古島市の伊良部大橋など3カ所で新たにイベントが実施される予定で「どこも積極的でどんなことをされるのか楽しみです」とにっこり。

 橋の日は橋梁(きょうりょう)会社に勤務していた湯浅さんが、市民に橋や川への感心を高めてもらうことと、水郷延岡の発展を願って提唱。1986年に延岡「橋の日」代表の野中玄雄・今山大師住職らが趣旨に賛同して、安賀多橋で全国で初めて行われた。

 2015年には47都道府県すべてで実施され、その後も少しずつ増加。今年は全長3570メートルの伊良部大橋、滋賀県大津市と守山市を結ぶ琵琶湖大橋のほか、愛知県の豊橋市中央図書館では橋関連の書籍や写真が展示されるという。

 全国の中では、複数箇所実施するところもあれば、1カ所のみの自治体が15県ある。「各地にいい人がいて、バックアップしてくれている。そうした人たちが周囲にいることに感謝です」。当面の目標はこの15県をゼロにすることで「何年かのうちにできたらいいな」とこれからも全国に発信。

その他の記事/過去の記事
page-top