【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「びゅうカフェこんね」ようやく活動開始

本紙掲載日:2020-06-27
3面
子どもから大人までが集い、七夕飾り作りを楽しんだ
作った七夕飾りを入ち口に設置し、喜ぶ参加者

互いに支え合う・認知症カフェ

◆将来は子育て支援など・多機能的役割目指す−延岡市別府町

 延岡市別府町に今春、認知症カフェ「びゅうカフェこんね」が誕生した。引きこもりがちになる認知症の人やその家族はもちろん、地域の人たちが年齢を問わず集い、支え合うことが目的。将来的には、子育て支援や子ども対象の寺子屋事業など、多機能的な役割を目指したい考えだ。

 当初、4月にグランドオープンを予定していたが、新型コロナウイルスの影響で活動を自粛。今月25日、感染予防対策をし、約2カ月遅れで月に1度の〃オープン〃を果たした。

 第1回目となったこの日のテーマは七夕。訪れた人たちは七夕飾りを作ったり、歌を歌ったり、和気あいあいと穏やかな時間を過ごした。

 開所のきっかけは、毎年5月に別府町区長の濱田昌男さん(73)宅で開くバラの観賞会。近所の人が集まり、食事などを囲むのが恒例になっている。参加者から「こんなふうに話ができる場所があるといいよね」という声が挙がったことから、昌男さんや妻で民生児童委員のとも子さん(70)らが中心となり、昨年6月ごろから、居場所づくりに取り組んだ。

 場所として選んだのは、若年性認知症を患った妻と共に毎年、観賞会に参加する稲垣昇さん(73)宅の一角。昇さんの母親が託児所として利用し、長年、物置となっていた場所を「妻もみんなと一緒にいると喜ぶ」と提供したという。

 長年使っていなかった物置は傷みが激しかったが、活動に賛同した地域の人たちが協力した。自分たちの手で、床や壁を張り替え、温かな雰囲気の〃カフェ〃が完成。「みんな来てねー」の意味を込め、「こんね」と名付けられた。

 昌男さんは「こんな形になるとは思わなかった。地域の人たちが協力してやってくれた」。稲垣さんは「年を重ねれば重ねるほど、認知症が進めば進むほど、人と交わるのが大事だと思う。この場所も喜んでいると思う」と感謝した。

 当面は毎月第4木曜に、同町の福祉推進チームのメンバーらが中心となって、運営していく予定。延岡市によると、住民が主体となって立ち上げた「認知症カフェ」は初めてだという。

 とも子さんは、「手探り状態だが、皆さんの知恵をもらいながらやっていきたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top