【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

災害時にパソコン貸与協定

本紙掲載日:2020-04-04
3面
協定書を手にする黒木町村会長(右)と県ソフトウェアセンターの川会長

町村会と県ソフトウェアセンター

 県町村会(黒木定藏会長)と県ソフトウェアセンター(佐土原町、長友秀泰社長)による「大規模災害発生時の端末貸与に関する協定」の調印式がこのほど、宮崎市の県自治会館であった。

 同社は東日本大震災後の2012年から、県内全町村の情報システム(ICT)に関する業務継続計画策定を支援。現在の町村業務は多くがICTに依存しており、大規模災害発生後はシステムが復旧してもパソコン端末が破損して使用できない恐れがあるため、無償貸与することとした。

 同社によると、現在までに貸し出し用のノート型端末約200台を社内に確保。被災町村は被災者の安否確認や避難所管理など必要な期間、町村会を通じて借りられるようにした。

 調印に際し、黒木町村会長は旧北方町、旧北川町や日之影町の役場が浸水した過去の台風災害などを振り返り、「復旧や住民の安全確保には電子データが重要で、セーフティーネットが課題だったが、ちょうどよくお話をいただけて大変うれしい」と感謝。

 同社の川友裕会長は「行政には住民を守るために迅速かつ正確な災害対応が求められる。官民が協力し、住民の方々が安心して暮らせる町づくりを一層強固なものにするよう対応していきたい」と力を込めた。

その他の記事/過去の記事
page-top