【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

年間7億2097万円を節減−延岡市

本紙掲載日:2020-06-03
3面

第7次行革−19年度の成果を公表

 第7次行財政改革(計画期間・2015〜19年度)を進めてきた延岡市は、5年目となる最終年度の状況や改革の成果を明らかにした。改革59項目に取り組み、経費は年間約7億2097万円(主要目標約6億円)を節減、職員数は累計で60人(同60人)を減員した。1日の市行財政改革推進委員会(会長・吉玉典生延岡商工会議所会頭、15人)に報告した。

 延岡市は2015年10月に第7次行財政改革大綱と財政運営指針・実施計画を策定し、5カ年をかけて効果的で効率的な行財政運営を目指し、取り組みを推進。年1回、市民で構成する同委員会に報告するとともに、委員の意見を踏まえ進行管理していた。

 報告によると、2019年度は、災害および避難情報伝達の充実を新たに加えた12項目が実施済み、保育所の定員や窓口サービスの見直し、組織機構の改革など46項目が実施中、職業訓練支援センターの指定管理者制度導入の1項目が検討中となった。

 実施中の46項目の最終評価については、市税収納率の向上やパブリックコメント推進など7項目を計画を超える進捗(しんちょく)状況であるB評価、定員管理の適性化や公共事業のコスト削減など39項目をおおむね計画通りの進捗状況であるC評価とした。

 職員数は、1196人(15年4月1日現在)から1136人(20年同)へと累計で60人減らし、節減経費は4億3800万円。保育所の定員の見直しは昨年度、保育園2園で実情に合わせた適正な定員の設定を行うなどし、これまでの取り組みと合わせて1億423万円の給付費を節減するなどした。

 窓口サービスの見直しは、高額療養費支給申請事務の簡素化や市民課窓口の民間委託、市税等のスマートフォン決済導入などで利便性が向上。組織機構はなんでも総合相談センターなどを設置したほか、パブリックコメント推進は野口遵記念館基本設計など16件で意見募集を行った。

 公共事業のコスト縮減については、昨年度も引き続き実行。市営住宅(西階はぎ団地)の屋根改修工事で、外壁改修工事と同時発注により仮設足場を共用して施工することなどで計7132万円を縮減し、年間削減経費を1億7608万円とした。

 検討中の職業訓練支援センターの指定管理者制度導入に関しては、19年12月に伊形支所が同センターに移転し、施設の機能が明確になったことから、今後、改めて指定管理の方向で検討することが報告された。

 同日は、財政運営指針(2015〜19年度)の実績も報告された。市の借金である地方債残高については、計画期間5カ年の実績として、第6次改革最終の14年度と19年度を比べた結果、156億6200万円減少したことなどが示された。

 財源調整用基金(財政調整積立基金、減債基金、退職手当基金、地域づくり推進事業基金)の19年度の合計は、14年度に比べ19億4900万円増の134億8100万円。財政課は「今後も引き続き地方創生のための事業や公共施設の適切な維持管理に努めつつ、安定的な財政運営を維持したい」とした。

その他の記事/過去の記事
page-top