【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

顔の見える関係に−医師が交流

本紙掲載日:2020-02-21
3面
医師約100人が出席した県立延岡病院と延岡市医師会の「連携の集い」

延岡病院と延岡市医師会

 県立延岡病院医師と延岡市医師会会員の「連携の集い」が19日、同市紺屋町のエンシティホテル延岡で開かれた。市内の医師ら約100人が出席。延岡地区のよりよい地域医療態勢の構築に向け、交流会を通じて〃顔が見える関係〃を深めた。

 集いは、今年で2回目。県立延岡病院と一般医療機関の医師同士が連携をより一層強化することで、共に延岡地区の地域医療を支えていこうとスタートした。昨年は県立延岡病院が、今回は延岡市医師会が主催した。

 延岡市医師会の吉田建世会長は、団塊の世代がすべて75歳以上になる2025年問題を見据え、「地域完結型医療を目指し、県立延岡病院と医師会会員が一体となり役割分担してやっていくことが重要。顔が見える関係をつくっていきたい」とあいさつ。

 続いて、医師会病院や看護学校の運営、夜間急病センターの委託運営を3本柱とした医師会の12の業務を説明。会員の高齢化や、会員数166人(今年1月現在)が宮崎市や都城市に比べて少ないことを挙げ、若い医師の入会を期待した。

 また、小児科医師不足に伴い日向地区との広域在宅当番医制を始めた経緯や、夜間急病センター診療日の拡充、消化管出血・脳梗塞に対する輪番制の取り組みなどを紹介。高齢化により維持が一層厳しくなる見通しを示し、医師確保と連携の重要性を強調した。

 交流会で、県立延岡病院の寺尾公成院長は「医療連携という言葉は日本中でクローズアップされ、当院も一層の連携強化に向けて新たな態勢づくりを進めている。今後、ますます医師会との連携が重要になる」とあいさつ。乾杯の後、医師同士が仲を深めていた。

その他の記事/過去の記事
page-top