【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

日向など海産稚アユ漁

本紙掲載日:2020-02-21
3面
搬入するために水揚げされる海産稚アユ
門川漁港で水揚げされた海産稚アユ

門川漁協−採補量に達し打ち切り

 海産稚アユ漁が、13日から県内で解禁され、県北では日向市と門川町の漁業者が漁に臨んでいる。漁期は3月13日までか、または上限(390キロ)に達した時点。昨年、3年ぶりに採捕が許可された延岡湾では、5月の調査で「アユ資源の回復が確認できない」として今年は許可されなかった。

 このうち、門川漁協(黒木巧組合長)は、初日から通算で4日間操業。早朝から網船と伴船の2隻が湾内を巡り、網を入れては引き揚げる作業を繰り返した。今年は初日から好調で、20日までに計画していた採捕量に達したことから、今季の稚アユ漁を打ち切った。

 同組合の黒木組合長(60)によると、去年は不漁だったが、年末からは、門川湾内でちらほらと稚アユの魚影が見え始め、年明けにはそれがさらに濃くなったことから期待をしていたという。

 「今年は型は3センチから3・5センチほどの物が多かった。海にはいろんな要素がありますから、稚アユも良い年と悪い年で波がある。確かに私が若いころよりもアユ資源は減っていると思うが、半面、漁業者も減っているためバランスは取れていると思う。限られた資源を守りながら有効活用するために、山、川、海の関係者、そこを楽しむ人たちと話をし、一緒に考えていかなければならないと思う」と話していた。

 アユは秋に川でふ化し、沿岸の海水域で全長4、5センチに成長した後、2月末から3月にかけて再び生まれた故郷の川に遡上(そじょう)する。遡上する前の稚アユを捕る海産稚アユ漁は基本的に禁止されているが、県は養殖業の振興を目的に毎年この時期、特別に許可を出している。

その他の記事/過去の記事
page-top