【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延学3回戦進出

本紙掲載日:2020-01-07
9面
【2回戦・延岡学園―国学院栃木】第2セット、23−16とするスパイクを決めて喜ぶ(右から)須藤、北林、柳田愛

全日本高校バレー選手権(春高バレー)

◆国学院栃木との接戦を逆転

 春の高校バレー「第72回全日本バレーボール高校選手権大会」第2日は6日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで男女2回戦が行われた。延岡学園は国学院栃木(栃木)にセットカウント2―1で逆転勝ちし、3回戦進出を果たした。7日午後、3回戦で誠英(山口)と対戦し、勝てば直後に準々決勝を戦う。

 2年連続18回目出場の延岡学園と、33年連続34回目出場の国学院栃木の対戦となった。延岡学園は186センチの長身センターを擁す相手に対し、平均的な高さで対抗。互角の展開から第1セットを落としたが、第2、3セットは粘り強い守りと強烈なスパイクで競り勝った。

 このほか、3連覇を狙う金蘭会(大阪)は安来(島根)を2―0で下し、3回戦に進んだ。前年4強の八王子実践(東京)は高校総体を制した就実(岡山)をストレートで破った。男子は前年準優勝の清風(大阪)、2年ぶりの優勝を目指す鎮西(熊本)などが勝ち上がった。

 結果は次の通り。

【女子】
▽2回戦
延岡学園 2 21―25 1 国学院栃木
       25―17
       25―22

富山第一(富山)2―1鹿児島女(鹿児島)、福井工大福井(福井)2―0九州文化学園(長崎)、大阪国際滝井(大阪)2―0山形商(山形)、古川学園(宮城)2―0近江兄弟社(滋賀)、京都橘(京都)2―0鳥栖商(佐賀)、八王子実践(東京)2―0就実(岡山)、共栄学園(東京)2―0岡崎学園(愛知)、三重(三重)2―0誠修(福岡)、東九州龍谷(大分)2―0橘(神奈川)、金蘭会(大阪)2―0安来(島根)、松山東雲(愛媛)2―0盛岡誠桜(岩手)、熊本信愛女学院(熊本)2―0城南(徳島)、誠英(山口)2―1文京学院大女(東京)、広島桜が丘(広島)2―0秋田北(秋田)、東京都市大塩尻(長野)2―0札幌山の手(北海道)

【男子】
▽2回戦
東山(京都)2―0山形南(山形)、松本国際(長野)2―0大分南(大分)、鎮西(熊本)2―0埼玉栄(埼玉)、福井工大福井(福井)2―1土浦日大(茨城)、東亜学園(東京)2―0鹿児島工(鹿児島)、橘(神奈川)2―0松阪工(三重)、東北(宮城)2―0清水桜が丘(静岡)、高川学園(山口)2―1多度津(香川)、駿台学園(東京)2―0相馬(福島)、大村工(長崎)2―0日本航空(山梨)、東福岡(福岡)2―1愛工大名電(愛知)、清風(大阪)2―0安来(島根)、不来方(岩手)2―0高知(高知)、西原(沖縄)2―0高岡第一(富山)、開智(和歌山)2―1新田(愛媛)、慶応(神奈川)2―1徳島科学技術(徳島)

◆窮地に「一つ」全員で−最高の雰囲気で上位戦に

 延岡学園は1回戦に続きフルセットを制し、3回戦に進出。主将の北林桃佳は「全員で1点を取りに行けた。一つになれた」と素直に喜んだ。

 窮地を一丸で、跳ね返し続けている。大会直前、大黒柱の北林が左足すねに痛み。懸命のケアをしながらの戦いとなった。

 第1セットを落とした2回戦。「ここで終わりの選手じゃない」。甲斐牧人監督は、できるだけ北林の負担を減らそうと、後衛に回ると主将をベンチに。3年間、延学を背負い、引っ張り続けたエースがコートに不在という緊急事態が、長引く場面もあった。

 救ったのは全員だった。「交代選手(中武こころ=2年)は守備力があり、心強い」とは多彩なスパイクでチームを支えた長友。長友と「桃佳先輩には今まで救われてばかり。3年生と1戦でも多く」と語る須藤梨及がスパイクで得点を重ねる。

 後藤愛海が的を絞らせないトス回し、柳田玲奈が攻守で欠かせない動きを見せ、小島礼子のブロック、リベロの柳田愛乃、中武のレシーブも安定していた。

 北林は「後輩たちが今までになかった声掛けをしてくれるようになって、安心感が増している。誰が出てもみんなでカバーし合うだけ」。最高の雰囲気で、センターコートを懸ける上位戦に臨む。



その他の記事/過去の記事
page-top