【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

工事現場で学び深める

本紙掲載日:2019-12-09
2面
現場を見学する延岡工業高校土木科の2年生

延岡工生に見学の場−「土木の日」実行委

 道路や上下水道など生活に欠かせない社会基盤をつくる「土木」について学んでもらおうと、国土交通省延岡河川国道事務所などは11月29日、延岡工業高校土木科2年生40人を対象に現場見学会を開いた。トンネル建設や土地区画整理の現場を見て回り、学びを深めた。

 11月18日の「土木の日」にちなみ、同事務所や、延岡土木事務所、延岡市などでつくる実行委員会が企画。生徒は同事務所発注の平底トンネル新築工事(日之影町)と、市発注の岡富古川土地区画整理事業(延岡市)の現場2カ所を訪れた。

 このうち土地区画整理事業の現場では、市区画整理課の濱田京平さんが大雨時の浸水被害対策や街の景観、利便性向上など事業の目的を説明。区画整理に伴い、家の移転が必要となった場合の工法の一つ「曳家(ひきや)」の現場を見学した。

 濱田さんは「区画整理をした場所だと思って見るとおもしろいかも。土木は生活に絶対必要なものをつくる仕事で、やりがいを感じている。土木は人手不足だが、皆さんが思い通りの仕事に就けるよう頑張って」と呼び掛けた。

 田島到さんは「授業で学んだことを実際に見ることができて将来の役に立った」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top