【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

主戦の加藤、4安打完封

本紙掲載日:2019-09-24
9面
【決勝・延岡―南】散発4安打で完封した延岡の主戦加藤

第42回夕刊デイリー新聞社旗争奪日豊中学野球選手権大会・球音

◆勝因は動じない精神力−延岡

 「練習の時から接戦の試合を想定し、緊張感を持って取り組めている」。優勝後の取材でナインはそう口をそろえ、勝因に胸を張った。どんな局面でも決して動じなかった延岡は強かった。

 立役者は先発の主戦加藤琉雅。しなやかなフォームからキレのある直球と変化球をコースに投げ分け、四回までまともに好機を与えず。打者12人で片付け、相手に流れを渡さない。

 五回には、無死二、三塁というこの試合最大のピンチを迎えたが「心強いバックがいる。一つずつアウトを重ねるだけ」と改めて集中。前チームからバッテリーを組む捕手眦塚瑠とのあうんの呼吸で、まずはスクイズを外して3走を三本間に挟んでタッチアウト。1死三塁となると、三振と内野ゴロであっさりと切り抜けた。

 終わってみれば、散発4安打1四球7奪三振で完封。「1点差の最終回2死満塁をいつも想定して練習している。緊張はなかった。しっかり腕が振れた」と右腕。眦弔「気持ちを出してしっかり投げてくれた」と絶賛する投球だった。

 チームは今大会、苦しい場面を何度も乗り越えてきた。2回戦は2―1のサヨナラ勝ち。準決勝は3点を先行されながらも中盤以降の集中打で鮮やかに逆転した。主将の古谷海晴は「眦弔鮹羶瓦砲澆鵑覆農爾鮟个掘⇔習通りに落ち着いてできたからだと思う」と、やはり日ごろの成果を強調した。

 公式戦の連勝記録は「9」にまで伸びた。それでもナインに笑顔はない。加藤は「五回のピンチは、四球もあって自分でつくった。しっかり反省したい」、古谷は「打線のつながりを欠いた。守備もまだまだ固めていきたい」、眦弔蓮峙い魄き締めてやっていくだけ」と貪欲だ。その視線の先には目標の「県1位」しかない。

その他の記事/過去の記事
page-top