【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

SNS「#日向市災害」

本紙掲載日:2019-09-20
1面

被災状況、情報を収集

◆初めて基準定め、運用開始

 日向市は市内で発生した災害時に、被災状況の情報収集の手段の一つとしてSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)のツイッターを効率的に活用するため、「日向市災害用ハッシュタグ運用基準」を県内の自治体で初めて定め、運用を開始した。

 災害用ハッシュタグ「#日向市災害」(#=ハッシュマーク=は半角)を利用したツイートにより、道路冠水や倒木の画像などの被災状況に関する情報の検索が容易となり、市民誰もが市内の災害情報を効率的に収集することができる。

 短文投稿サイトのツイッターは震災などの大規模災害時、携帯電話などがつながりにくい状況でもその影響を受けないメリットがあるという。

 ツイートの文章内に「#日向市災害」を入力すると、ハッシュタグの付いたツイートとなり、検索の対象となる。ツイートにより誤った情報が広まる恐れがある場合は、市が正確と判断した情報を公式ツイッターなどにより発信することにしている。

 同市では7月に改訂した「日向市地域防災計画」の中で、災害情報収集の手段にSNSの活用を盛り込んでおり、同ハッシュタグ運用基準はその一環。

 市防災推進課は「同時多発的に災害が発生する可能性があり、市民の皆さんに安全を考慮いただきながら、身近な場所の被災情報を送信いただくことで災害対策本部もいち早く状況を把握できる。危険度を周知するためにも、情報提供に協力いただきたい」と呼び掛けている。

その他の記事/過去の記事
page-top