【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

創業70周年に感謝−風の菓子虎彦

本紙掲載日:2019-07-23
4面
特大の祝賀ケーキにナイフを入れる上田代表夫妻

「超特大ケーキ」で記念日祝う

 延岡市幸町の風の菓子「虎彦(上田耕市代表)」は20日、創業70周年を迎えた。同社では節目の年を祝って、7月2日から21日まで感謝祭を開催し、創業記念日のこの日は式典を行い、買い物客と一緒に盛大に祝った。

 「おやつの時間」の午後3時に合わせて、超特大の創業祝賀ケーキが披露されると、訪れた人たちから歓声が湧いた。縦70センチ、長さ150センチのケーキは、どら焼きや破れまんじゅうのほか、練り切りなど上生菓子がデコレーションされた和洋折衷の特製。

 「ハッピバースデー虎彦」の歌声が響く中、上田代表と妻の明美さんがナイフを手に入刀式を行い拍手に包まれた。約250人分というケーキは小分けにされて訪れた人たちにプレゼントされ、笑顔で受け取っていた。

 同社は初代上田忠彦氏(故人)が、昭和24(1949)年7月20日に同市祇園中通りで菓子店「とらや」として創業。今年5月1日には、70周年を迎えるにあたって屋号を「虎彦」に改めた。感謝祭の期間中は、さまざまなアイデアお菓子を用意したほか、手作り和菓子の実演や空くじなしの抽選会で訪れる人たちを楽しませた。

 上田代表は次の80年に向けて「昭和24年に創業し、平成、令和と三つの時代にわたり、延岡でお菓子屋をさせていただいています。これからも『郷土に尽くす』という信念の下、今山や城山と同じく、延岡の風景の一つになれる、そんな存在感のある店にしていければ」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top