【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

一緒に泊まって仕事体験

本紙掲載日:2019-06-05
7面
育苗トレーを運ぶ児童

日之影町の小学5年生

 日之影町内4小学校の5年生30人は5月23〜24日、1泊2日で集団宿泊学習を行った。集団生活の中で人間性を養い、交流を深めながら地域の歴史や自然を学ぶことなどを目的に毎年実施している。

 初日は旧TR高千穂鉄道のコース沿いを歩き、鹿川地区交流センター「つりがね」でカレーやだんご作りを体験して宿泊。2日目はバードコールを作り、農作業の受託を行っている農業法人「ひのかげアグリファーム」を訪問した。

 同ファームの工藤庄吾事務局長は、田畑が水を蓄えるといった多面的機能を持つことや、世界人口が増えることによる食糧自給への不安などを挙げて「祖先が造ってきた田畑を守っていく必要がある。農家を助けるためにこの会社はあります」と説明。育苗機や農業用ドローンなどを紹介した。

 児童は苗が敷き詰められた育苗トレーをコンテナや屋外の敷地に運ぶ仕事を体験。1人か2人ずつで1枚約5キロあるトレーを何回も運び、農作業の一端に触れた。

 家で米を作っているという八戸小の津隈絢音さん(10)は「苗を見て、こんな小さいのにあんなに大きくなるんだと思った。作業はすごく大変だったので、もし家でする時は手伝いたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top