【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

公安委員会から委嘱状

本紙掲載日:2019-05-07
2面
委嘱状を受け取る推進委員(右)
感謝状を受け取る植田清行さん(中央)と富山喜平さん

地域交通安全活動推進委員25人に託す−延岡

 延岡地区地域交通安全活動推進委員の委嘱式はこのほど、延岡警察署講堂であり、市内25人が県公安委員会からの委嘱を受けた。任期は2年。

 委員一人一人に委嘱状を手渡した福栄芳政署長は、県内、管内の交通事故数、交通事故死者数がいずれも減少傾向にあることを説明。一方、「交通事故の死者11人のうち9人、事故を起こした者のうち8人が65歳以上」として、高齢者に対する啓発の重要性を示した。その上で、委員に対しては「交通事故発生の状況や原因などの情報を積極的に発信し、地域住民のマナーやモラルの向上を図っていただきたい」と呼び掛けた。

 これに対し、委員を代表して加藤旺さんが「各地の出来事や問題点を細かく報告し合い、安心で安全な地域づくりに励みたい」とあいさつした。

 式後の講習会では、活動内容やスケジュールなどを確認。次回の会合で役員選出を行うこととした。

 この日はまた、14期28年にわたって委員を務めた富山喜平さん(83)=古城町=、植田清行さん(83)=北川町=に県公安委員会からの感謝状が贈られた。

 同推進委員制度は1991(平成3)年に開始。委員は非常勤特別職の地方公務員(名誉職)で、警察署長の推薦に基づいて県公安委員会が委嘱している。県内の委員は4月現在で182人。駐車や道路使用、自転車通行の適正化運動推進、住民からの交通に関する相談への対応、交通状況の実地調査などに当たる。

 委嘱を受けた推進委員は次の通り。

加藤旺、稲田義美、吉村三枝子、山本諄一、黒木啓喜、小泉春己、富山公瑞、福田忍、小野剛希、後藤博文、山本盛男、鳥飼幸広、岩切重雄、永田照美、森口正輝、林田タケ子、梶本幸延、佐藤良子、富山雅章、矢野純雄、角豊、柴歳治、大野康男、兒玉勝正、林田広行

その他の記事/過去の記事
page-top