【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「アサギマダラ」がふ化

本紙掲載日:2019-03-29
2面
21日に成虫となり24日に放されたアサギマダラ
ネットに張り付くさなぎ

新妻さん方「またここに戻ってきて」−延岡

 延岡市樫山町の新妻マサ子さん(74)方で、渡りチョウとして知られる「アサギマダラ」がふ化し、21日に成虫となった。24日に空に放した新妻さんは「本当にうれしい。またここに戻ってきてほしいです」と目を細め喜んだ。

 アサギマダラは、チョウ目タテハチョウ科マダラチョウ亜科に分類されているチョウの一種。日本全土、朝鮮半島、中国などに広く分布し、九州では5〜10月ごろに多く見られる。秋になると、南西諸島や台湾などへ渡ることでも知られ、1500キロ以上も移動した個体も確認されている。

 新妻さんは、10年ほど前からの愛好家。フジバカマにとまっているこのチョウに一目ぼれし、毎年来てほしいとフジバカマを庭で栽培した。キジョランの葉に卵を産むことを知り、2年前、自宅庭に苗を植えた。昨年、葉の裏側を確認すると複数の卵が産み付けられていたという。

 外敵や寒さから守るため、苗にネットをかぶせて防御。日々成長を重ね、1匹目の成虫が21日に誕生した。それから蜂蜜を水で溶かしたものを割り箸で与え、風が弱まり気候が暖かくなる日をみて空へ放したという。

 「模様や色がきれいでたまらない。私の生きがいなので、これからさらにフジバカマを増やしていきたい」と新妻さん。

 ネットで囲ったキジョランには、さなぎや幼虫の姿が見え、まだまだ楽しみが尽きなさそうだった。

その他の記事/過去の記事
page-top