【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡の自然、魅力語る

本紙掲載日:2018-06-21
1面
恒富小6年生を前に県北の自然の魅力を語る土井さん(右)

リバーパル五ケ瀬川・土井館長が恒富小で講演

 延岡市牧町の河川資料館「リバーパル五ケ瀬川」の土井裕子館長が20日、同市恒富小学校(佐々木浩己校長)で6年生40人を対象に講演し、「日本の自然はヨーロッパにも負けていない」と熱く語った。同市教育委員会の事業「子どもたちに伝えたいこと」の一環。

 延岡出身の土井さんは東京で社会人になるまでに「自然」「絵」「まちづくり」に興味を持つ機会があったという。就職後に家庭の事情で帰延することになったが、延岡でもそれらを失わずにとことん追求。道を切り開いて今の仕事にたどり着いた。

 帰延後は特にまちづくりに熱中。別の用事でヨーロッパに行った際、ついでにまちづくりの研究にも充てた。「ヨーロッパの人たちは何て豊かな生活をしているのだろう。まちがきれいで人生を楽しんでいる」と感じ、日本でそのライフスタイルを成立させることがテーマになったという。

 講演の後半では、ヨーロッパの街並みや美術館などの写真と、五ケ瀬や日之影などの風景写真を連続で披露。「日本も景色は負けていない。ただそれを楽しむすべがない。いろんな仕掛けをしていかないといけない」とし、自身がリバーパル五ケ瀬川を主会場に東海地区で毎秋実施する自然とアートを融合させた町おこし事業「東海さるく」を紹介。

 その上で「延岡の魅力は自然が近いこと。自然の不思議を感じ、この中からノーベル賞の受賞者が出てきてほしい」「いろんなことを発想し、ライト兄弟のように100年後も名前が残る人になってほしい」などと投げ掛けて締めくくった。

 児童はメモを取るなどして熱心に聴講。田辺佑梨さんは「県北の自然がヨーロッパにも負けていないと知ってすごいと感じた。しっかり残していけるように大事にしたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top