【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

5日立夏、家田川に黄色い花

本紙掲載日:2018-05-05
1面
黄色い花を咲かせたコウホネ(5日、家田川)

コウホネ、千株以上群生−延岡市北川町

 5日は二十四節気の一つ「立夏」。県北地方は高気圧に覆われて晴れ、吹く風も爽やかな夏の始まりとなった。

 延岡市北川町の家田川ではコウホネが黄色い花を咲かせ、湿原に初夏の訪れを告げている。

 スイレン科の植物。地下茎が動物の骨に似ていることが名の由来。漢字で「河骨」や「川骨」と書く。花言葉は「秘められた愛情」。

 北川湿原ガイドブックによると、家田川にあるのはサイコクヒメコウホネ(西国姫河骨)という種類。流域の約3キロにわたって千株以上が群生し、その規模は日本最大といわれている。

 スイレンに似た浮き葉を広げ、水上に伸びた細長い茎の先端に一つだけ黄色い花をつける。観賞スポットは「やまんはな橋」付近。同町の川坂川はオグラコウホネ(巨椋河骨)の群生地。花は、いずれも11月ごろまで楽しめるという。

その他の記事/過去の記事
page-top