【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「視野広げ、大きな財産に」

本紙掲載日:2018-02-21
2面
修了生を代表して証書を受け取る若林さん
皆勤賞受賞者を代表して池田さんに賞状が贈られた

のべおか市民大学院修了式

◆48人に証書、皆勤は12人

 延岡市が九州保健福祉大学の協力を得て行う市民講座「のべおか市民大学院」(学長・読谷山洋司延岡市長)の修了式が17日、同大学であった。受講生53人の中で、公開・学外講座を除いた授業を6回以上受けた48人に修了証書が贈られ、そのうち全講義に出席した12人に皆勤賞が贈られた。

 式で市の浜松泰宏企画部長は読谷山市長に代わり、修了生の若林弘子さんと皆勤賞受賞者の池田見一さんに修了証書などを授与。「この講座で得た幅広い知識を地域で生かし、リーダーとして活躍することを期待しています」と式辞を代読した。

 九州保健福祉大の迫田隅男学長は、人口減少や少子化などのさまざまな問題を解決するには「あらゆることに興味を持ち、挑戦する姿勢が必要」と述べ、「それを実践した皆さんには心から敬意を表します」と祝辞を述べた。

 修了生代表の山本典昭さんは「専門性が高い講座ばかりで、視野を広げることができました。受講者同士で親睦を深め合うこともでき、大きな財産になりました」とあいさつした。

 高千穂町から通った甲斐妙子さん(65)は「さまざまな病気についての講座が特に勉強になったし、受講生の方々がとても熱心で刺激になりました。また受講したいです」と話していた。

 同大学院は、まちづくりのリーダーの育成などを目的に平成12年度からスタート。同大教授らが講師を務め、受講者は保健、医療、福祉分野など専門性の高い知識を学んでいる。これまでの18回で延べ880人が受講した。


修了生、市や大学職員とで記念撮影
その他の記事/過去の記事
page-top