【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

内藤家時代最後の卒業アルバム

本紙掲載日:2017-12-11
8面

延岡高等女学校−日向市の遺族が保存

 旧延岡藩主、内藤家が経営していた延岡高等女学校は、昭和4年4月に県立に移管したが、内藤家経営時代最後の卒業アルバムを日向市の遺族が保存している。表紙には内藤家の家紋「下がり藤」とともに「延岡高等女學校卒業記念昭和四年三月」と記されている。

◆「昭和4年3月卒業記念」表紙に「下がり藤」

 アルバムは、日向市中堀町の飯田カツ子さん(83)の母で同卒生の安藤安(やす)さん(故人)が所有していたもの。母の遺品としてカツ子さんがこれまで大切に保管していたという。

 表紙をめくると、鮮明な写真が次々と目に飛び込んでくる。

 まず、校主内藤政道氏と華子夫人、内藤家正門(内藤記念館正門の石段)、同庭園、校舎の全景(現在の岡富中学校の場所、城山から撮影)、校長廣瀬太平氏。

 さらに、整然と長いすが並べられた講堂、科学室、割烹(かっぽう)室、作法室、教師陣と安藤さんら卒業生の鮮明な顔写真が並ぶ。最後のページには、生徒が校庭でダンスを踊っている体育祭らしき写真もあり、当時の学校生活の一端をうかがい知ることができる。全21ページ。

 延岡高等女学校の同窓会「藤蔭会」の寺原八千代会長によると「大変珍しく貴重なもの。会員の中にもお母さまが内藤さん経営時代に通われていたという方はいますが、アルバムは拝見したことはありません」という。

 カツ子さんは「(卒業生は)りりしい顔立ちの方が多い印象。私も知る母の友人、知人が何人か見受けられ、とても感慨深い。大切に保管していきたい」と話している。

◇延岡高等女学校
明治9年に設立された小学制度の初等教育施設「女児教舎」を始まりとし、同23年に内藤政挙公が校主となり、同24年からは内藤家が経営した。同34年に延岡女学校、同39年に延岡高等女学校に改称、昭和4年に県に移管するまで内藤家が同校を経営した(延岡高校百年史より)。

その他の記事/過去の記事
page-top