【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

車いす空手の河野さん

本紙掲載日:2017-11-14
2面
車いすに乗って空手の形を披露する河野喜一さん(日向市長室)

文科大臣表彰受賞を報告−日向

 今年度の生涯スポーツ功労者として文部科学大臣表彰を受賞した全日本空手道剛柔流大修会同心館日向道場館長の河野喜一さん(69)=七段、日向市美々津町=は13日、日向市役所を訪れ、十屋幸平市長に報告した。

 河野さんは30歳の時、同町に道場を開いた。平成6年9月に交通事故に遭い、下半身の自由が奪われて車いす生活になったが、孫に教え始めたのをきっかけに指導を再開。現在は小・中学生十数人の門下生に技を伝授している。

 全日本障がい者空手道競技大会には第1回大会から出場しており、今年9月に東京武道館であった第13回大会では、車いす部門の男子組手と形で準優勝し、この日はその報告も行われた。

 十屋市長は「長年の苦労が報われましたね。これからもますます鍛錬に励んでいただき、来年の大会ではぜひ金メダルを見せてください」と激励した。

 10年前からは白血病と闘いながらトレーニングや後進の指導を行っているという。「無理はできない体なので、普段通りの暮らしを送り、健康づくりのために空手を続けます。来年の大会に備えて今から準備し、昨年大会に続く金メダルを狙いたい」と意欲的に話した。

 市によると本年度の生涯スポーツ功労者表彰は156人(うち本県3人)、生涯スポーツ優良団体は118団体(同2団体)。市関係者の受賞は、平成23年度の市シルバースポーツ連盟の生涯スポーツ優良団体表彰以来。

その他の記事/過去の記事
page-top