【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県産ワインの新酒解禁

本紙掲載日:2017-10-21
4面
10月21日解禁された県産ワインの販売コーナー

お祝いイベント−イオン延岡店

◆1階にヌーヴォー特設コーナー

 宮崎県産ワインのヌーヴォー(新酒)が10月21日、一斉に解禁されたのを祝うイベントが、延岡市旭町のイオン延岡店で開かれ、関係者と来店客が「乾杯」の声を上げた。

 県内のワイナリー4醸造場と商工・観光団体などで構成する2017〃みやざきワイン〃推進実行委員会が地ワインをPRしようと3年前から、各ワイナリーの新酒発売を統一したヌーヴォー解禁イベントを、イオン九州68店舗(県内7店舗)の協力で開催している。

 いずれも県産ブドウを100%使用している五ケ瀬ワイナリーは「ナイアガラ」、綾ワイナリーは「デラウエア」、都城ワイナリーは「シンモエ」、都農ワイナリーは「キャンベルアーリー」などを蔵出し。今年の地ワインは天候に恵まれ、〃当たり年〃の仕上がりという。

 イオン延岡店は、1階の酒類売り場にヌーヴォー販売コーナーを特設。10月21日とあすは、東九州バスク化構想推進支援事業との「ワインに合う!ワイントーク&ふるまい料理」イベントを行っている。

 10月21日は、西園寺貴之シェフ(シェ・オンジ=延岡市=)が五ケ瀬ぶどうカンパチのふるまいフレンチを提供。あすは午前11時から杉山福徳シェフ(中国酒菜杉山=同=)が「熊野江産くまのこうず」、午後3時から金井喬志シェフ(KANAYA=同=)が「土々呂豚ウインナーハム」を生かした一品を振る舞う。

 会場では11月3、4日開催の「のべおかタパス食べ歩きイベント」前売りチケット(5枚組2千円)も販売している。

 イベント開会式では、「県北を代表する店舗として地元ワイナリーを盛り上げたい」という杉野康盛イオン延岡店店長らのあいさつ後、来店者たちがカップ(五ケ瀬産ブドウのサイダー)を掲げ、乾杯の合唱を響かせた。

その他の記事/過去の記事
page-top