【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

コットン抜き取られる−コノハナロード

本紙掲載日:2017-09-06
1面
抜き取られたコットンの跡。右隣も枝が枯れた
コットンは高さ約130センチ。花が咲き、グリーンボールが付いて見頃になっているが…

大切に育てる市民応援隊「二度としないで」

 延岡市野地町の五ケ瀬川堤防(通称コノハナロード)で9月4日、市民グループがボランティアで育てているコットンが1本、根こそぎ抜き取られているのが見つかった。「大勢の市民に見て楽しんでもらおうと一生懸命育てたものなのに、こういうことをされるとガッカリしてしまう。二度としないで」と訴えている。

 コットンは、コノハナロード市民応援隊(松田庄司代表)が種から育てたもので、250メートルに約1300本がある。6月に40人で植え付けた後、毎日7、8人が訪れて水やり、草取り、支柱を立てるなど世話をしてきた。現在、高さ130センチほどに育ち、花からグリーンボールに変化していっているところ。

 リーダーの武田弘子さん(76)=同市南一ケ岡=は「水は遠くから運んでこないといけないので水やりも大変、カンカン照りの下、肌がヒリヒリと痛くなるので背中に日よけを背負い、汗水を垂らしながら作業をしているんです」と話す。

 そんな1本が抜き取られた。支柱もろとも無くなり、向かって右隣の1本も枝が折れて枯れていた。また、早春に開かれる同市の観光イベント「延岡花物語」のために同応援隊が植えた菜の花も取っていく人がいたという。

 武田さんは「大勢の人に見に来てもらいたいと思って植えているんです。二度と取らないで」と力を込めて繰り返した。

その他の記事/過去の記事
page-top