【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

日向工−地震、津波を想定し訓練

本紙掲載日:2017-08-29
3面
\駆け足で避難場所へ向かう生徒

標高25メートル、緊急避難場所へ

 日向市の日向工業高校(稲用光治校長)で8月24日、全校生徒を対象に地震と津波を想定した避難訓練があった。避難時の対応や経路を改めて確認し、防災意識の高揚を図った。

 訓練想定では授業中、日向灘を震源とするマグニチュード7の巨大地震が発生。生徒は机の下に潜り、大津波警報の発表を受けて上履きのまま避難場所を一斉に目指した。

 今回は熊本地震を教訓に「建物が倒壊し避難経路の一部を寸断した」という状況も想定。生徒は日ごろの訓練とは別のルートを通り、学校西側にある東九州道脇の緊急避難場所に向かった。

 避難所の標高は25メートル。避難所へ続くスロープを生徒が次々に上り、代表生徒が人数を数え担任に報告した。この日はまた、車いす要介護者救助訓練も実施。車いすに乗った要介護者役の生徒を周りが協力して一緒に避難場所へ上がった。

 同校は過去2年間、県防災教育推進校の指定を受け防災教育を進めてきたという。その後も継続して取り組んでおり、避難訓練を2、3学期の始業の日に加え、抜き打ちで実施するなどして防災力向上に努めている。

 訓練を見守った市消防本部は「揺れが起こっている時は身を守り、収まったら慌てずに避難することの徹底を」、市防災推進課は「皆さんは災害時、周辺地域の方々の力にもなれる。真剣味を持って今後の訓練に取り組んでほしい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top