【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡市の郷土料理・八杯汁−作り方学ぼう

本紙掲載日:2017-08-24
3面
豆腐をサイコロ状に切る参加者

小中学生対象−初の料理教室

 延岡市の郷土料理「八杯汁」の知名度を広めようと、「のべおか八杯汁の会」(高橋忠彦会長)が23日、同市出北のJAPANカレー亭で小中学生を対象とした初めての料理教室を開いた。祖母と一緒に参加した小学生など5人が作り方に挑戦した。

 子どもたちの理解を深め、将来家庭を持った後も伝統として広めてもらうのが狙い。参加者は、名前の由来や歴史を聞いた後、八杯汁の基本的な作り方を学んだ。

 中でも豆腐をサイコロ状に切る作業には悪戦苦闘する参加者も。祖母と参加した大野菜月さん(一ケ岡小4年)は「楽しかったので自分でも作ってみたい。学校でも友達においしさを教えたい」と話した。

 高橋会長は「本当は、もう少し大勢の人に来てほしかったが、地道にコツコツ頑張っていきたい。口コミなどでも広がってほしい」と話し、JAPANカレー亭を営む事務局長の甲斐忠男さん(65)は「これからもレシピなど試行錯誤しながら八杯汁の普及に尽力したい。大人も参加できる教室も開きたい」と意気込んでいた。

 八杯汁は、干ししいたけの戻し汁をしょうゆやみりんで味付けし、かたくり粉でとろみをつけた汁物料理。精進料理の一つで、旧延岡藩主内藤家が磐城平(福島県いわき市)から延岡に転封された際に伝えたとされる。

その他の記事/過去の記事
page-top