【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

津波避難タワー、2カ所で開所式

本紙掲載日:2017-04-29
1面
竣工(しゅんこう)式が行われた往還1号避難タワー
永江避難タワーを見学する地域の人たち

日向市が整備−住民、完成喜ぶ

 日向市が整備した県内最多の収容人数となる往還区(財光寺、河野政志区長)と、永江区(日知屋、青木重利区長)の津波避難タワー2基が完成、4月29日、各区が主催して開所式が開かれた。市や市議会、工事関係者、地域の代表らが出席し、見学会を開くなどして待望の施設の完成を祝った。

 十屋幸平市長は「長く揺れたらすぐ逃げる意識を持ち、3日間は自助と共助で助け合ってしのいでもらいたい。市としても一人でも犠牲者を少なくするためにハード、ソフト両面で安心安全なまちづくりに努力します」と呼び掛けた。

 2基はいずれも2層式の鉄筋コンクリート造り。往還区の往還1号避難タワーは、南日本ハム北側に建設され、海抜4・5メートル。想定される浸水深が2・5メートルのところ、1層の高さは4・5メートル、2層は7・7メートル。避難可能面積は約470平方メートル(各層約236平方メートル)。県内最多の約920人を収容できる。事業費は約1億6400万円。

 あいさつに立った河野区長は「完成したことで不安材料を一つ取り除くことできた。防災減災に心掛け、一人でも犠牲者を少なくし、安全で安心な地域づくりを進めたい」と話した。

 永江区の永江避難タワーの建設場所は日向市旭化成グラウンド南側。海抜3・3メートル。想定される浸水深が4・8メートルのところ、1層が8・8メートルで、2層が11・8メートル。避難可能面積は約147平方メートル(各層約74平方メートル)で、約290人が収容可能。事業費は約1億2000万円。

 青木区長は「命を守る施設が完成して心強い。区民一人一人が避難訓練などで避難場所や経路を再確認するなどし、万が一に備えたい」とあいさつした。

 市は津波避難タワーなどの整備を5カ年計画で進めており、これまでに9施設が完成。最終31年度までに残り7施設の整備を進める予定。今年度は曽根区(日知屋)と切島山2区(財光寺)に避難タワー各1基と、同2区では避難山(人工の高台)の整備に着手する。

その他の記事/過去の記事
page-top