【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

約40年ぶり企業誘致−美郷町

本紙掲載日:2017-01-16
1面
協定を締結し握手を交わす尾畑英幸町長(右端)ら4者の代表者

4者が協定−水素燃料電池の製造販売

 美郷町は16日午前、同町北郷地区の黒木小学校跡地に水素燃料電池を組み立てる製造工場を設置するのに伴い、持ち運び可能な水素燃料電池を開発したベンチャー企業、技術委託を受けた電気機器製造業者、販売元となる大手総合商社の4者による協定締結式を行った。

 出席したのは同町の尾畑英幸町長、アクアフェアリー株式会社(京都市)の相沢幹雄社長、株式会社修電舎(延岡市)の一瀬直行社長、住友商事株式会社(東京都)の碇則一交通輸送インフラ事業部部長。

 製造販売を予定している持ち運び可能な水素燃料電池(30ワット)は、燃料の水素化カルシウムに水を加え、水素を発生させて発電する仕組み。サイズ26×36×28センチ、重さ6・5キログラムと小型軽量。災害時の非常用電源として活用できる。

 使用する水は、災害時を想定し、飲料水を使わなくとも、お茶や海水でも対応できる仕組みになっており、LED投光器だと40時間、小型液晶テレビだと120時間、ノートパソコンだと30〜80時間、稼働させられるという。

 同町における企業立地は約40年ぶり。協定書に調印後、尾畑町長は「水素燃料電池は次世代エネルギーとして注目度も高く、大きな飛躍を期待している。環境に優しい水素化社会を目指し、水素燃料電池の基地とし情報発信していきたい」と話した。

 製造工場の本格稼働は同小跡地の校舎改修後、来年度中を予定している。

その他の記事/過去の記事
page-top