【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ソウル五輪銅メダリスト・大迫さんが指導

本紙掲載日:2016-12-24
9面
手本を示しながら指導する大迫さん

県北の少年少女、共に汗流す−柔道

 ソウル五輪男子柔道86キロ級銅メダリストで、元旭化成柔道部の大迫明伸さん(56)=8段=を招いた柔道教室が23日、延岡市共栄町の旭化成柔道場であった。主催した延岡少年柔道クラブの道場生のほか、延岡市や日向市、門川町の道場や中学校から合わせて約60人の少年少女が参加。指導者としても経験豊富な大迫さんと一緒に汗を流した。

 大迫さんは現役引退後、全柔連の強化委員として20年以上、日本が世界でメダルを取るための最前線で指導。ロンドン五輪まではジュニアのヘッドコーチも務めた。

 国際審判員の資格を持ち、今夏のリオ五輪大会の審判員に日本人としてただ1人選ばれた。現在は、全柔連の強化委員会と教育普及委員会の特別委員などを務める。

 延岡少年柔道クラブ設立時から師範を務めているが、多忙なため1年9カ月ぶりに延岡を訪れた。

 この日は立ち技を中心に指導。打ち込み稽古では、「掛けようとする技によって引き手の持ち位置が違う。自分の体に合った一番良い場所を探すこと」。

 また、移動打ち込みの際には、「必ず相手の体を崩すことを意識して、相手が動いた歩幅以上に自分が動いて、技を掛けやすい位置を確保すること」とアドバイス。

 大外刈りや背負い投げを狙うときには、「小内刈りから大外刈り、大外刈りから背負い投げへと技をつなげる。1発では無理な技でも2発、3発と連係することで掛かる確率を上げる。その1発、2発もフェイントでなく、本気で掛けること」と、実戦を想定した練習に取り組むよう呼び掛けた。

 実技を交えた丁寧な指導に、参加した子どもたちは熱心に聞き入り、さっそく稽古に生かしていた。

 門川中の河野大夢君(2年)は、大迫さんに背負い投げの打ち込みを評価され、みんなの前でお手本を披露。得たものも多かった様子で、「自分の先生に教わったことが正しかったと、誇りを持てた。乱取りや打ち込みも、がむしゃらだったけど、これからは論理的に実践して、技を磨きたい」と目を輝かせた。


大迫さん(右)の話に聞き入る小中学生
その他の記事/過去の記事
page-top