【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

永々続く門松作り−日向市東郷町

本紙掲載日:2016-12-20
8面
とうごうグリーンツーリズム推進委員会メンバー(右)に教わりながら本格的な門松作りに挑戦

本格的な門松が完成−牧水公園

◆18組52人が手作り体験

 正月を前に日向市東郷町の牧水公園で18日、年神さまを迎える家々の目印となる門松の手作り体験イベントがあった。県内から18組52人が参加し、本格的な門松を楽しく完成させた。

 同町の有志で組織する「とうごうグリーンツーリズム推進委員会」(川越洋リーダー、メンバー約20人)が毎年企画。青竹、松、センリョウ、ナンテンなど、ほとんどの材料を同町の山で採取し、約1週間前から準備を進めてきた。

 門松は、割った青竹で円柱状の土台を2段作り、切り口を斜めにした青竹を3本束ねて、その上に固定し、松やセンリョウ、ナンテンなどの縁起ものを飾り付けた本格的なもの。3本の竹は親、子、孫を表しているという。

 参加者は、同推進委員会のメンバーから教わりながら、親子や夫婦で和気あいあいと1対の門松を仕上げていった。

 3回目の参加という日南市の小学3年生、増田悠翔君は前日から、家族5人で同公園のコテージに宿泊。近くで拾ったというドングリも一緒に飾り付け、出来上がりに「百点満点」と満足そうだった。

 川越リーダー(70)は「今年で6年目の取り組みになりました。準備は大変ですが、毎年、参加者の皆さんとの交流を楽しみにしています。門松作りを通して、東郷町の良さを感じてもらえたらうれしいです」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top