【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

4氏にボナー寿賞−延岡市

本紙掲載日:2016-11-23
3面
ボナー寿賞の受賞者。前列の市長の左が眦弔気鵝右が柳田さん、後列は左から月足さん、吉田さん

生き生きと地域活動を実践

 延岡市は22日、年齢を感じさせない生き生きとした活動を実践している高齢者を表彰する市独自の「ボナー寿賞」を、同市出口町の吉田照男さん(86)ら4人に贈った。市役所で表彰式があり、首藤正治市長から表彰状と記念品を受けた。

 吉田さんのほか、稲葉崎町の月足祐二さん(77)▽方財町の眦勅Hさん(85)▽同町の柳田クニ子さん(96)が受賞した。交通安全や青少年の健全育成、地域の環境美化活動など、それぞれの取り組みで地域を明るく元気に活気づけている。

 首藤市長は「これからも充実した日々を送っていただき、市民の模範となってほしい」と祝福。吉田さんは「交通事故に十分注意して今後も指導にあたりたい」、眦弔気鵑蓮岾Г斑舂匹、外に出て楽しく生活したい」などと喜びを語った。

 ボナー寿賞は、フランス語で「すてきな生き方をして年齢を重ねている人」を意味する「ボン(すばらしい)・アージュ(年齢)」からとった市独自の表彰制度。豊かで生きがいのある長寿社会の実現に向けた市民啓発の一環として、同世代の高齢者や高齢期を迎える世代に事例を提供する目的で平成9年度に創設。27年度までに88人が受賞している。

 受賞者と取り組みは次の通り。


□吉田照男さん(86)=延岡市出口町=

長年にわたって地域の交通指導、現在も西小学校区こども安全パトロール隊、県交通安全協力隊などで活動。公民館長を28年、延岡こども発達支援センターさくら園などの活動にボランティアとして熱心に携わっている。


□月足祐二さん(77)=延岡市稲葉崎町=

高校教諭時代は空手部監督。現在は親子会活動として空手指導を週1回行い、体力維持と青少年の健全育成に尽力している。また、趣味の木工細工を地域行事に参加する高齢者に贈るなどし、地域に喜ばれている。


□眦勅Hさん(85)=延岡市方財町=

ごみステーション管理作業員の活動の傍ら、長浜海浜公園の清掃など、安全できれいなまちづくりに貢献。区の行事にも積極的、社会貢献にも努める。地域の行事で踊りや歌を披露、朗らかな人柄で地域を元気づける。


□柳田クニ子さん(96)=延岡市方財町=

週4回のグラウンドゴルフでは長浜海浜公園を清掃するなど、安全できれいなまちづくりに貢献、区民の模範になっている。区の行事にも積極的に参加。趣味の小物作りの作品を福祉施設や病院などに贈り、喜ばれている。

その他の記事/過去の記事
page-top