【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ドルチェ多彩な演奏−日向でフレッシュに

本紙掲載日:2016-11-16
6面
バイオリンの演奏に挑戦した小学生とドルチェのメンバー

 日向市を拠点とする音楽家グループ・ドルチェ(谷崎ルミ会長)は12日、市文化交流センター大ホールで「フレッシュコンサート」を開き、クラシック曲を中心に多彩な演奏で観客を楽しませた。

 親子で楽しんでもらおうと年1回開いている。今年は県内外で活動する声楽家、ピアニスト、バイオリニストの8人が出演し、独奏、独唱、デュオ、アンサンブルを披露した。

 オーストリア・ウィーン在住の内之倉勝哉さん(テノール、小林市出身)はオペラ「ポンテの王」より「太陽に面と向かって」などを独唱、森永香代さん(ピアノ、延岡市在住)は「左手のための2つの小品」より「ノクターン」を独奏した。

 参加型のプログラムもあり、観客2人がバイオリンの演奏に挑戦。開放弦を上手に奏で、永野真一さん(バイオリン、宮崎市在住)、松浦宏臣さん(ピアノ、同)と一緒に「エトピリカ」を演奏した。

 「真田丸メインテーマ」「雨のちハレルヤ」などNHKドラマのテーマ曲を特集したアンサンブルもあった。

 進行を務めた松浦さんは「365日の紙飛行機」の曲紹介で、9月に熊本地震の被災地を訪問し、演奏した際のエピソードを披露。「音楽は世代の離れた人とも言葉の通じない人とも、ぐっと距離を近づける力を持っていると改めて感じた」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top