【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

キバナノツキキケホトトギス−延岡

本紙掲載日:2016-10-29
1面
黄色い花を咲かせたキバナノツキヌキホトトギス(10月27日、延岡市桜ケ丘)

野生は絶滅の恐れ−鮫島さんが丹精

 延岡市桜ケ丘の鮫島桂子さん方に、県の絶滅危惧毅体爐箸覆辰討い訥舛靴ぅバナノツキヌキホトトギスの花が咲いている。

 ユリ科の本県固有種。主に県央の山の照葉樹林に自生し茎の長さは50〜70センチ。名前は、茎が葉を突き抜けているように見えることからという。

 最近は、シカの食害や採掘により個体数が減少。近い将来に野生では絶滅の恐れが高いとされている。

 鮫島さんは10年以上前に親族の男性から株分けしてもらい、自宅の庭に植えた。陽射しに弱いため黒い遮光ネットで覆い、茎が伸びやすいように地面に勾配を付けるなど丹精込めて世話してきた。

 そのかいあって毎年この時期に黄色い花を咲かせ、今年も10月に入ってから咲き始めた。

 「崖を作ってやるのが一番ですが、庭先なので勾配を工夫しています。茎の先端の方から花が咲き始め、花が散った後は種が飛んで、少しずつ範囲が広がっています」と話している。

その他の記事/過去の記事
page-top