【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

会誌「亀井」を発行−内藤家顕彰会

本紙掲載日:2016-10-12
2面
平成28年度の内藤家顕彰会会誌「亀井」

 内藤家顕彰会(大崎清会長、事務局・延岡市大門町)はこのほど、平成28年度の会誌「亀井」を発行した。題字は大崎会長。A4判全40ページ。

 表紙は、明治20年、県北の民有林を国有化から守り抜いた「小林乾一郎翁」の胸像。以前は中腹の愛宕山公園にあったが、8月に頂上に移転された。

 表紙裏に、延岡、耳川、西臼杵、児湯の森林組合4代表理事の連名で移転あいさつ。1ページに昭和40年6月建立の際に当時の延岡市長・折小野良一氏が寄せた顕彰碑文が掲載されている。関連記事として16ページに「内藤家と県北林業との結びつき・日向木炭のブランド化」(赤江ふるさと塾・図師睦氏)を掲載。図師氏は元県造林課長、林業試験場長。

 「延岡の絵と人」(その十三)鈴木月谷の「秋山瀑布図」(明治25年冬制作)。昨年5月23日に延岡市の三福寺で執り行った内藤家頌徳供養会の報告、内藤家城山墓所への秋の墓参会などを記念写真を含めて掲載している。

 このほかの目次は次の通り(敬称略)。

内藤記念館再整備(増田豪)▽風物詩「天下一薪能−のべおか賛歌」(南邦和)▽亀井誌に学び知るを楽しみ・驚く、その三(山村善洋)▽地域の変革者を育てる「こころざし塾」のめざすもの(水永正憲)▽野口雨情と延岡(長友景一)▽松倉家ついの住処は日向国(松倉茂)▽内藤家文書に見える赤坂家・下(赤坂極)▽内藤家のお殿さまを勉強する会(長友景一)▽内藤家頌徳供養会・文化団体代表者による墓参会▽鎌倉光明寺の内藤家供養墓参会(長友景一)▽いわき奉仕団第16回内藤候を偲(しの)ぶ光明寺参詣▽平成27年度賛助会員消息▽内藤家顕彰会役員・編集後記▽平成27年度主な関係行事・収支報告書▽平成27年度賛助会員御芳名

その他の記事/過去の記事
page-top