【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

総ぐるみでクリーン活動−黒岩地区

本紙掲載日:2016-07-28
6面
河川敷でごみを拾う参加者
つかみ取り大会で懸命にアユを追う参加者
モクズガニを放流する子供たち
ウナギを放流する子供たち

放流やつかみ取りも−延岡

 延岡市黒岩地区の総ぐるみクリーン活動が7月24日、同市大野町の祝子川河川敷で行われた。親子連れなど約200人が参加、清掃奉仕を行うとともに、アユのつかみ取りやかき氷の振る舞いなどで楽しいひとときを過ごした。黒岩地区青少年育成連絡協議会(西村敏明会長)主催。

 同クリーン活動は、環境保護や参加者同士の交流を目的に毎年開催。黒岩地区連絡協議会(岩谷克巳会長)、祝子川漁業協同組合(江上敬司郎組合長)、黒岩小中PTAの協賛を得、今年で16回目となる。

 開会式であいさつに立った西村会長は「さらにきれいな川にして、アユのたくさん取れる地域にしたい」、岩谷会長は「『顔、心、力』を合わせ、地域の絆が深まることを祈念する」と述べ、共に多数の参加に感謝を表した。

 参加者らは時折激しく雨の降るあいにくの天候にもかかわらず、河川敷でごみを拾った。この後、子供たちがウナギやモクズガニを放流。続いて、左岸河川敷に設けられた池でアユのつかみ取り大会が行われた。

 素早く泳ぎ回るアユに苦戦する子供たちを見かね、終盤は大人たちも〃参戦〃。力を合わせて懸命に魚影を追って一喜一憂し、会場には歓声が響いた。

 また、同漁協はこの日、イベントに合わせウナギ50キロとモクズガニ20キロを放流。今年度はすでにアユ250キロを放流しており、今後ニジマス1万3000匹、ヤマメ2万匹を放流する計画という。

 江上組合長は、「ますます川をきれいにし、孫子の代まで魚が取れるよう頑張っていきたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top