【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

日豊ボーイズ準優勝

本紙掲載日:2016-07-07
9面
準優勝した日豊ボーイズ(提供写真)

第47回日本少年野球連盟選手権大会県支部予選会

◆県北対決制し決勝進出

 中学硬式野球の公益財団法人日本少年野球連盟主催の第47回日本少年野球連盟選手権大会県支部予選会最終日は6月25日、串間市営球場であり、日豊ボーイズは決勝に進出。宮崎くしまボーイズに4―5で惜敗したが、準優勝を果たした。

 大会は8月に大阪府である全国大会出場を懸け、県内9チームが出場。トーナメント戦で優勝を争った。

 県北からは日豊ボーイズと延岡ボーイズが出場。ともに初戦を競り勝ち、準決勝で対戦。日豊が3―2で逆転勝ちすると、決勝は宮崎くしまボーイズと対戦。終盤追い上げたが、1点が届かなかった。結果は次の通り。

▽2回戦
延 岡 00010012−4
小 林 10000010−2
(延)大野魁、黒木―尾崎。(小)内村、上之神―堀之内。
▽二塁打=松葉、大野(延)

宮 崎 0000000−0
日 豊 020000×−2
(宮)渡邉―戸内。(日)松山―甲斐。
▽二塁打=沖島、田中(日)。
[評]日豊は二回、2死満塁から須田の中前打で2点を先制。以降も攻め続けたがあと一本が出ず。先発の松山は五回まで無安打の、2安打完封勝利を挙げた。

▽準決勝
延 岡 1100000−2
日 豊 010101×−3
(延)大野―尾崎。(日)松山―甲斐。
▽三塁打=岡本(延)。
[評]日豊は序盤、ミスが絡み2点先制を許す。二回は5番谷口の右前打と犠打などで2死二塁から8番黒田の強烈な打球が敵失を誘い1点。四回は7番甲斐蓮の左前打で追い付き、六回は4番横山の中前打などで2死二塁から、6番田中、7番甲斐蓮の連打で勝ち越した。投げては松山が被安打4に抑え、中堅手須田らの好守が助けた。

▽決勝
日 豊 1000012−4
くしま 030101×−5
(日)佐藤―甲斐。(く)橋口―栗山凌。
▽二塁打=沖島、坂口、佐藤(日)栗山愛(く)。
[評]日豊は初回、1番田中の内野安打から2死三塁で4番松山の右前打で先制。逆転され六回は3番佐藤の中前打から、5番横山、代打谷口の連打で1点。最終回は先頭の8番坂口が左越え二塁打。1番田中の内野安打、沖島の中前打で1点を返し、3番佐藤が左越え二塁打で1点差。しかし、後続が右直、二直に倒れた。先発佐藤は4安打に抑えたが、失策が失点に絡んだ。


◆最高のゲームできた−中村監督コメント

 昨年末にチーム事情により監督が交代。今回、ゲームには負けてしまったが、私の采配ミスを子供たち一人ひとりがカバーしてくれて、最高のゲームができた。

 春先は私との信頼関係を築く時間も少なく、思うような結果を残すことができなかった。が、時がたつにつれ、試合に対する準備の必要性と協調性を教えていくことにより、3年生が中心になり練習に熱が入るようになった。それが、今回の準優勝につながった。

 特に保護者の皆さまには半年という期間の中で、私のわがままな意見を取り入れてくれた。その理解ある保護者の力が今回の準優勝をもたらしたと言っても過言ではない。

 今後、3年生は高校野球への準備、基礎体力づくりと技術向上をしっかりと行い、2年生はこの悔しさを胸に刻んで今後の練習につなげていきたい。

 最後に高校で野球を続けようと思うなら、硬式野球を絶対にやるべきだと思う。打球の速さと飛距離は硬式野球でなければ体験できない。

 今からでも遅くない。部員募集も随時行っているので、ぜひ一度、日豊ボーイズグラウンド(延岡市新浜町)に足を運び、硬式野球の醍醐味を味わってみませんか。

 練習は火曜から木曜が午後5時30分から、土曜と日曜は午前8時30分から一日、練習をしている。

その他の記事/過去の記事
page-top