【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

プログレッソ日向−初の九州へ

本紙掲載日:2016-07-01
6面
九州クラブユース(U―15)選手権大会に出場するプログレッソ日向FC
大会前最後の調整となる高校生との練習試合
十屋市長に意気込みを語る睫攫臂

県準Vで切符つかむ−2日熊本代表と対戦

 第31回九州クラブユース(U―15=15歳以下)選手権大会県予選がこのほど、木城町中八重緑地公園などで行われ、日向市のプログレッソ日向FCが準優勝した。同チームは2日から開かれる九州大会に初出場する。睫攴喀┝臂は「九州はレベルが高くどこも強いと思うけど、自分たちの試合ができるよう積極的にチャレンジしたい」と意気込んでいる。

 県予選には県内クラブ12チームが出場。3チームずつ4パートに分けて予選リーグを行い、各パートの1位4チームがトーナメント方式で頂点を目指した。

 プログレッソは、予選2試合をフォルトゥナ延岡FCに6―4、太陽宮崎SCに3―1で勝利。トーナメントの準決勝では、ヴィラル木花SCに3―0で完勝し、クラブ設立8年目にして初めて九州大会への切符を手にした。

◆強豪ずらり

 九州大会には、各県予選を勝ち上がった計48チームが出場。サガン鳥栖、アビスパ福岡、V・ファーレン長崎といったJ加盟クラブのジュニアユースチームなど強豪が名を連ねた。トーナメント方式で40分ハーフの試合を行い、勝敗が決まらない場合はPK戦。上位6チームが8月に北海道帯広市で行われる全国大会への切符を手にする。

 プログレッソの初戦は大分県中津市の禅海ふれあい広場で2日午前11時30分から、FCKMARRYGOLD熊本と対戦する。

◆高校生相手に最終調整

 チームは6月26日、延岡市内の高校生を相手に、九州大会前最後の調整となる40分ハーフの練習試合に臨んだ。前線のスピードを生かしたカウンター、DF陣の連係など攻守の仕上がりを確認した。

 この日は中盤の細かいパスからDFラインの裏に抜け出し、サイドからクロスを上げるなど何度も決定機を演出。守備では体を張って相手シュートをブロックし無失点で切り抜けた。

 睫攫臂は「DFのチャレンジとカバーのコーチングなど、集中力を切らさず声掛けできた」。芹ケ野功一監督は「県予選とは違い、(九州大会では)相手がボールを保持することも考えられる。悪い時間帯にどれだけ粘れるか。慌てずにカウンターを狙いたい」と話していた。


◆睫攫臂「一つでも多く勝つ」−市長に出場報告活躍誓う

 6月29日には3年生12人が日向市役所を訪れ、十屋幸平市長に県予選の結果を報告。九州の舞台での活躍を誓った。

 十屋市長は「準優勝は高い目標を持って練習してきた成果だと思う。次は高いハードルかもしれないが自信を持って臨んでほしい」と激励。

 睫攫臂は「九州大会に出場することをずっと目標にやってきた。これまでやってきたことを出し切って一つでも多く勝ちたい」と力強く意気込みを語った。

その他の記事/過去の記事
page-top