【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「人」(ひと)−工藤英文(くどう・ひでふみ)さん

本紙掲載日:2016-05-24
2面

北方総合支所長

 就任して最初に行ったのが北方の実態把握。人口や基幹産業、観光スポットなどあらゆるデータに目を通し、自分なりにまとめた。改めて分かったのが高齢化率の高さ。この瞬間、「私の使命は地域おこしかない」と感じた。

 思い描く改善策は至ってシンプル。〃長所〃を伸ばすことだ。「北方各地区にある特産品をもっと発展させ、1地区1品というふうにできれば」「子牛の飼育農家数は延岡市内で最多。ここも生かしたい」。〃もうかる農林畜産業〃で若者の定住を促したいという。

 また、比叡山や鹿川などの大自然、各集落に根付く特色ある祭りなど「いろいろな観光資源があり、多くの人を呼び込める力がある」と感じており、「インフラの整備が大事になってくる」とポテンシャルを生かすための課題を明確にする。

 一方で、地域おこし協力隊の導入など「〃よその力〃を借りなければいけない」とも感じているが、「こちら(行政)が先走っても、うまくはいかない。まずはその制度の周知を図り、地区から要望が出てくるのを待ちたい」と住民の意見を大切にしていく姿勢を見せる。

 「いろんな人に会っていきたい。それがここ(北方)を知る一番のすべ。楽しみ」と、これからの出会いに胸を躍らせている。

 延岡工業高校土木科を卒業後、昭和50年に入庁。区画整理課長や契約管理課長などを経て今年4月から現職。「何も考えなくていいから」と趣味は農作業。延岡市小峯町の実家に両親と妻と長女の5人暮らし。59歳。

その他の記事/過去の記事
page-top