【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

井口雄介さん「夢を描こう」−元青年海外協力隊

本紙掲載日:2016-05-21
7面
講演する井口雄介さん

延岡星雲高キャリア学で講話

 延岡星雲高校(星衛俊一郎校長)フロンティア科の独自企画「キャリア学」の今年度1回目が5月19日、延岡市牧町の同校体育館であった。市内の税理士法人に勤める元青年海外協力隊員の井口雄介さん(34)が講師を務め、同科1〜3年生124人に人生を歩む上で大切な考え方などを伝えた。

 キャリア学は、グローバルリーダーの育成や将来像を描く機会にしたいと、国際経験のある人材を招いた講演会などを年数回程度開いている。

 井口さんは「その後の協力隊員〜私には夢がある。世界からNOBEOKAへ」をテーマに話した。同隊員として平成22、23年に南太平洋のバヌアツで活動。「いろいろなことに挑戦したが失敗ばかり。でも、それは僕の自慢。成功と失敗は一緒で、その反対にあるのが何もしないこと」と、独自の言い回しでチャレンジ精神の重要性を語った。

 青年海外協力隊員を志望した経緯に触れながら、「自分の心にある『なぜ、何でだろう』という気持ちがあれば、それと向き合ってほしい。一番の財産になる」と、探究心が自分を成長させる糧であることを強調した。

 発展途上国での生活を2年間経験し、今の夢は「全ての地球の人が学校に通えるようになること。そのために学校をつくりたい。それもお金をもらいながら学べる学校。勉強したいという人を世界中から延岡に集めたい」と語る。

 その上で「自分で夢を描いて頑張れば、きっと協力してくれる人が出てくる」と、これから社会に飛び出していく生徒たちにエールを送った。

 3年の安田光佑君は「『なぜ』という気持ちと、失敗してもそれをプラスに考える気持ちが大切だということに気付きました。大学受験のその先を見据えていきたい」と刺激を受けた様子だった。


井口さんの話に耳を傾ける延岡星雲高フロンティア科生
その他の記事/過去の記事
page-top