【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

11日、高千穂建国まつり

本紙掲載日:2016-02-09
3面
「第31回神話の高千穂建国まつり」を前に開かれた神様コンテスト

パレード参加、神様決まる

 神話の高千穂建国まつり(11日)を前に神様コンテストが7日、高千穂町三田井のJA高千穂地区ゆめゆめプラザTACであり、まつり当日の「神様パレード」に参加するコノハナサクヤヒメや神武天皇など11人が決まった。

 コンテストには、「女神様(一般女性)」「神様(一般男性)」「神子様(小学生以下)」の3部門に西臼杵郡内から合わせて28人が参加。一般は男性、女性らしさと知性をアピールするユニークな審査、小学生以下の部門は手作り衣装の出来栄えや元気の良さなどで競った。

 審査員は内田欽也副知事や内倉信吾町長、高千穂神社の新名秀基禰宜(ねぎ)ら10人。

 なお、高千穂高校から参加した生徒4人を「高校生神様」として認定した。審査で選ばれた神様は次の通り。

【女性神様】
▽コノハナサクヤヒメ=興梠奈々さん(19)銀行員
▽アメノウズメノミコト=甲斐彩香さん(20)ホテル勤務
▽アイラツヒメ=甲斐晶子さん(27)町臨時職員

【神様】
▽神武天皇=佐藤凌さん(19)会社員
▽サルタヒコノミコト=山尾祐太さん(20)公務員
▽ニニギノミコト=三林丈志さん(28)同

【神子様】
▽タマヨリヒメ=興梠日さん(4)

◆神様、午前11時に高千穂神社を出発

 第31回神話の高千穂建国まつりは高千穂神社での奉祝式典に続き、午前11時から神様パレード。コンテストで選ばれた神様のほか、古代衣装に身を包んだ神々が同神社から觸(くしふる)神社までの1・4キロを練り歩く。

 出発地点で受け付けを済ませれば、パレードへの飛び入り参加も可能。衣装も無料で貸し出す(数に限りあり)。

 メーン会場となる宮崎銀行高千穂支店前の十字路交差点付近では、パレードを挟み、午後4時ごろまで30店舗が出店するバザーやスタンプラリー、職場・グループ対抗の国引き(綱引き)大会、福引などがある。大釜で作る名物の「建国だご汁」の振る舞いは午後1時ごろから。1500人分を準備し、なくなり次第終了する。

 当日は、両神社間が午前11時から午後1時、町役場下交差点―同銀行前が午後5時まで全面通行止めになる。

 問い合わせは、同町企画観光課内のまつり実行委員会事務局(電話高千穂73・1207)。

その他の記事/過去の記事
page-top