【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

5月2日、40周年記念コンサート

本紙掲載日:2021-04-28
6面

延岡少年少女合唱団−やさしい心をうたにのせて

 昨年10月に結成40年を迎えた延岡少年少女合唱団(工藤由紀子代表、17人)は、5月2日午後2時から、延岡市東浜砂町の延岡総合文化センター小ホールで定期演奏会を開く。40周年を記念して、特別ゲストに合唱作曲家の弓削田健介さん(佐賀県在住)を招く。入場無料。


◆音楽教員が結成−指導者関さんから工藤さんへ

 同団は1980年10月、延岡市内の小中学校で音楽を教えていた教員らが、「延岡の合唱の底上げを図ろう」と結成。当時は県合唱コンクールの市内予選が開かれており、小学校だけでも13校ほど出場していた。しかし、予選を通過して県大会に出場しても、入賞するのは宮崎市の学校ばかり。「悔しい」「指導力を高めたい」といった教員たちの熱い思いから、結成されたという。

 それぞれが指導する合唱部の児童生徒に声を掛け、団員を募った。結成式の日。延岡小学校(大貫町)の音楽室には小学校中学年−中学生の100人以上が集った。

 指導者として白羽の矢が立ったのが、小中学校で音楽を指導し、早期退職して自宅でピアノ教室を開いていた関孝さん(享年89)。立ち上げに関わった教員らはその後、転勤で延岡の地を離れることになるが、関さんは代表として、2014年4月に他界するまで指導を続けた。

 関さんの後を継ぎ、代表を務める工藤さん(63)は発足当初は新規採用されたばかりの教員。全くの未経験者で合唱部を担当し、「自分のスキルを磨きたい」と練習に通って子どもたちの世話をした。一時は転勤で団から離れた時期もあったが、再び延岡市内で勤務するようになると関さんからの誘いもあり、練習に足を運んだ。

 100人でスタートした合唱団だったが、15年ほど前には団員が工藤さんの長女・香菜子さん(25)たった一人になったことも。当時について工藤さんは「消えかかった時もあった。1年半から2年くらい歌えない時期があった」と振り返る。香菜子さんの友人を誘って合唱団の制服を着せ、合唱祭に出たこともある。「『一人になっても、歌いたい子がいたらやろうや』という関先生の言葉を信じて、ここまでつなぐことができた」

 現在は5歳の男児から中学2年生の女子まで、17人が在籍。「やさしい心をうたにのせて」を合言葉に、高千穂通の芽ばかり作業所で、毎週土曜日に練習している。園児の時から所属している団長の甲斐夕花さん(旭中2年)は、「他の学校の友達とも会えるので、毎回練習を楽しみにしている」と笑顔で話す。

 19年7月には東京都の児童合唱団「音羽ゆりかご会」を迎えた「童謡100年記念ジョイントコンサート」に県北児童合唱団のメンバーとして参加。同じステージに立ち、「我は海の子」「おぼろ月夜」など童謡を歌った。今月18日の「延岡今山大師祭」奉納演芸大会では3曲歌うなど、さまざまなイベントや祭りで歌声を披露している。

◇弓削田さん(合唱作曲家)迎え3部構成

 コンサートは3部構成。第1部は、「やさしい心をうたにのせて」をテーマに、「みかんの花咲く丘」や「橋の日の歌」「ひなたの真ん中で」など、同団の現在のレパートリー曲になっている6曲を披露する。指揮は工藤さん、ピアノ伴奏は村本文子さん。

 第2部は、弓削田健介さんによる「いのちと夢のコンサート」。歌と講演、そして団員との共演も予定。同団で歌い継がれ7ている「Tomorrow」(ミュージカル「アニー」より)をエンディングで歌う。団長の甲斐さんは「人数は少ないが楽しく頑張りたい」と意気込む。

 当日は感染症対策を実施して行う。入場の際に検温、手指消毒、マスク着用、連絡先の記入に協力を求める。感染の状況によっては無観客での実施、もしくは中止、弓削田さん出演を中止するなどの可能性があるため、「団や延岡総合文化センターのホームページで情報を確認してほしい」と呼び掛けている。問い合わせは延岡総合文化センター(電話延岡22・1855)まで。

その他の記事/過去の記事
page-top