【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

女性対象の訓練コース新設

本紙掲載日:2021-04-17
2面
現在、整備が進められている「CADものづくりサポート科」の教室(延岡市土々呂町のポリテクセンター延岡内)

ポリテクセンター延岡

◆ものづくり分野進出をサポート

 延岡市土々呂町のポリテクセンター延岡(狩野忍センター長)は、7月開講の訓練コースから女性を対象にした「CADものづくりサポート科」を新設する。

 ものづくり企業で必要とされる機械加工分野の基礎知識、CAD(平面製図および立体製図)の知識や技能の習得を目指すほか、財務会計や生産・品質管理、労務事務などについて学ぶことができる。

 関連資格としては、CAD利用技術者試験(2次元・3次元部門)、日商原価計算初級、日商簿記2級、3級などがあり、約半年間の訓練期間中に取得することも可能(いずれも任意)。

 同センターによると、CADものづくりサポート科は全国61カ所にあるポリテクセンターのうち15カ所で開講されている。訓練修了後の就職イメージとしては、図面を描くCADオペレータ、原価計算や生産・品質管理等のものづくり現場サポート、事務とCAD作業を兼ねる業務などが挙げられる。近年、ものづくり分野に進出する女性が増加傾向にあることに伴い、各地で人気の訓練コースになっているという。

 同センターは「開講に向けて専用教室の整備を進めており、5人の担当講師によるサポート体制、女性が安心して学べる環境を準備している。この機会にぜひ受講を検討してもらえれば」としている。

その他の記事/過去の記事
page-top